ここから本文です

「Jリーグがアジア最強」。豪代表監督、日本を称賛も…裏で策士ぶり発揮

フットボールチャンネル 10/10(月) 23:03配信

 オーストラリアのアンジ・ポステコグルー監督は10日、ロシアW杯アジア最終予選の日本代表戦に向けた前日記者会見に臨んだ。

【日本代表vsオーストラリア代表】過去5戦の対戦成績

 日本との長年のライバル関係について問われると、ポステコグルー監督は「Jリーグがアジアで最も強力なリーグ」と対戦相手へのリスペクトを示した。

 オーストラリアは2006年から正式にアジアサッカー連盟(AFC)に加盟し、アジア地域の一員となった。同じ年のW杯では日本を劇的な展開で破り、そこから両国のライバル関係がスタートしたと言える。

 ポステコグルー監督は「AFC加入と共に様々な発展があった。Aリーグが開幕し、プレーオフなしでW杯に出場できるようになった。当時は日本が恐らくアジアNo.1の国だった」とアジア参入当時を振り返る。

 そして「私はJリーグがアジアで最強のリーグだと思っている。現時点で日本といい勝負ができるのは代表戦だけ。Aリーグは成長しており、今後Jリーグのように強くなると思う。だが、育成などはJリーグに遠く及ばない」と語り、日本サッカーが積み重ねてきたものの大きさを称えた。

 しかし、「代表レベルで我々は上手く渡り合える」と勝利に自信をのぞかせる。ここ数年オーストラリアは日本に勝てていないが、いずれも拮抗した展開で1点が勝敗を分ける試合で、ホームの今回も十分な勝機があると考えているようだ。

「鍵になる選手が数人おり、最近はチーム内に変化が見られる。それでもチームははっきりとした形を持っている。彼らには良いリーグの良いクラブに所属してる選手も数人いる。加えてJリーグはレベルの高い大会だ。しかし、我々は相手のことをしっかり分析しているし、日本がどんなプレーをしようとしているのか、パターンを把握している」

 Jリーグや日本代表へのリスペクトを述べながら、記者会見の最後では策士ぶりも見せたポステコグルー監督。言葉通りにいかない曲者指揮官は、W杯出場権獲得に向けてしたたかに準備を進めている。

(取材・文:舩木渉【メルボルン】)

フットボールチャンネル

最終更新:10/10(月) 23:12

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。