ここから本文です

テスラが世界の上位100ブランド入り、新興自動車メーカーでは異例

Forbes JAPAN 10/10(月) 15:00配信

電気自動車大手の米テスラモーターズがまた一つ、世界の自動車業界における新たな記録を打ち立てた。ブランディング専門会社、インターブランドが毎年発表している「ベスト・グローバル・ブランド(Best Global Brands)2016」に、新興自動車メーカーとして初めて名を連ねたのだ──100位ではあるが。



ブランド価値に基づくランキングの100位に入ったテスラのブランド価値は、40億ドル(約4,155億円)とされている。インターブランドのダニエル・ビンス社長は因習を打破し、誰にも止められない成長を続ける同社について、「自動車ブランドをゼロから築くことは可能であると証明した」と指摘。「近年ではニッチ市場を狙うもの以外、新たにブランドを確立することができた自動車メーカーは他にはない。参入が非常に難しい業界だ」と説明した。

テスラはランキングの作成にあたって採用されている評価基準の多くに強みを持っている。テスラ・ブランドに関する一般消費者の声についてビンスは、「これまでの生産台数が少ないにもかかわらず、自動車業界で革新的なメーカーはどこかと尋ねると、テスラだと答える人が多い。今後のパフォーマンスを反映するものだ」と語る。

グローバルな事業展開を行うブランドを対象に、インターブランドは毎年、さまざまな評価基準に基づきランキングを作成している。それぞれのブランドが持つ価値を金額に換算した上で、ランキング化するものだ。各社の評価にあたっては、企業の財務状況、顧客の購買行動に与える影響、ブランド・ロイヤルティーや将来の成長を生み出す能力から割り出した「ブランドとしての強」みなどを考慮に入れている。

今回も上位を占めたのは昨年と同じ顔触れ。1位から順に、アップル、グーグル、コカ・コーラ、マイクロソフトとなった。ランキング入りした企業を業種で分類した場合、最も多くの名前が挙がったのは自動車業界だった。

業界トップはトヨタ

自動車業界で最も上位に入ったのは、5位のトヨタだ。ブランド価値は昨年から5%増え、536億ドル(5兆5,670円)近くに達した。同業ではその他、13社が100位入りしている。

1/2ページ

最終更新:10/10(月) 15:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。