ここから本文です

【横浜】 先制弾の舞台裏。伊藤翔に「打つしか選択肢がなかった」のはなぜか?

SOCCER DIGEST Web 10/10(月) 12:00配信

「コースは狙い通りだけど、あれが目一杯」

[ルヴァンカップ・準決勝第2戦]横浜 1-1 G大阪/10月9日/日産ス
 
 サイドに流れる、スルーパスを受ける、右足を振り抜く――。

【ルヴァン杯 PHOTO】横浜 1-1 G大阪|遠藤のアウェー弾でG大阪が3年連続のファイナルへ

 伊藤翔はこの3動作で角度のない位置からボールをサイドネットに突き刺し、56分に待望の先制点をチームにもたらした。
 
 だが、その1分後にはジェスチャーで自ら交代を申し出て、59分には担架に乗せられてピッチを去ることになる。一体、G大阪にイニシアチブを握られる展開を打破したFWに何が起こったのか。
 
「まず、90分間戦えなかったのは残念。マチ君(中町公佑)からボールをもらおうと裏に抜けた際に、『太腿裏がおかしいな』と。ドリブルができないから、打つという選択肢を選ぶしかなかった。
 
 コースは狙い通りだけど、あれが目一杯。1戦目と同様にあまりボールをつなげられないなかでのゴールだし、取れたのは嬉しかったけど……痛くてあまり喜べなかった」
 
 確かに大きく喜びを表現しなかった姿は、逆に印象的ではあった。得点者には笑顔もほぼない。1戦目は0-0の引き分けだったために勝利必須のゲームで、その瞬間は大きく決勝を引き寄せていただけに、少し不可思議なシーンだったが納得がいった。
 
「次のプレーをやってみようかなとも思ったんですけどね。さっきも話したように、シュートを打つ前、トラップをする前くらいの時点で異変があった。考えていた以上に痛くて、これは無理だな、と。それで自分から『代えてくれ』とベンチに言って、交代した」
 
 ミックスゾーンでは淡々と得点と交代のシーンを振り返ったが、無念でないわけがない。ゴールは奪った。スタジアムを沸かした。しかし、敗戦と同義の引き分けとなってしまったのだ。
 
「結果的に、僕らは準決勝を通過できなかった。なんていうか……これが実力だとしっかりと受け止めて、自分たちをちゃんと見つめ直して、またやっていかなきゃと思う」
 
 スポーツを「たら、れば」で語ってはいけない。それは十分に理解している。だが、それでも、「伊藤が負傷せずにピッチに残っていたら」と考えてしまう。もしかしたら、違う結末が待っていたのだろうか。
 
 その前に、背番号16のファインゴールが生まれていなかった可能性だってある。あの得点は、シュート一択だったからこそ記録されたのかもしれないのだ。
 
 単なる実力不足――。殊勲者となりながらも勝者になれなかった男の言葉が響く。現実とすぐに向き合うメンタル、敗戦の理由を自身に求める謙虚さ。決勝へと進めなかった経験を糧に、次に沈めるゴールが勝利への一撃であることを願ってやまない。
 
取材・文:古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:10/10(月) 12:11

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。