ここから本文です

ハリル監督、チーム事情に皮肉?「サイドバックあと2、3人必要だったかなと」

SOCCER DIGEST Web 10/10(月) 18:23配信

懸案事項の右サイドバックについて問われた指揮官。

 ロシアワールドカップ・アジア最終予選のオーストラリア戦を翌日に控えた10月10日、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が前日会見に臨んだ。
 
 オーストラリア戦を迎えるにあたって、日本代表は右サイドバックに懸案事項を抱えるが、ハリルホジッチ監督は、「最初のメンバーリストを皆さんに公開した時に、怪我やカード(累積警告)に関しても考えていると話したと思います。そのために(左右に)ふたり以上の選手を呼んでいました」と語り、アクシデントへのリスクマネジメントは十分にとっていたとした。
 
 しかしながら、酒井宏樹が累積警告による出場停止となり、左右のサイドバックをこなす長友佑都が負傷離脱という事態に見舞われ、一気にふたりの選手を欠くことに。これにはハリルホジッチ監督も、「ただし、もう2、3人必要だったかなと思います」と、チーム事情を皮肉るコメント。
 
 それでも指揮官は、「我々はより良い選択をしなければいけない。勝つしかないと思っている」と、決戦へ向けての固い決意を示した。

最終更新:10/10(月) 18:33

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。