ここから本文です

『ダ・ヴィンチ・コード』翻訳者愛用椅子の意外な金額【デキる男の仕事場拝見】

HARBOR BUSINESS Online 10/10(月) 16:20配信

 作家、漫画家、ライターほか“机の前に座りっぱなし”な職業は数あれど、その筆頭を行くのが“翻訳家”。ほかの職業なら取材などでちょくちょく表に出ることもあるが、翻訳家とは延々、机の前で原書や辞書と向き合わねばならぬ仕事である。

「翻訳教室の授業などで外出することもありますが、基本的には家仕事。10時間くらい机の前にいる日も珍しくありませんね」と話すのは、大ヒット小説『ダ・ヴィンチ・コード』ほかの訳書で知られる越前敏弥氏。それだけに、机や椅子へのこだわりも深いのでは?

「ところがこの椅子、実は2万円してないんです(笑)。以前は『コンテッサ』というブランドの20万円くらいする椅子を使用していたのですが、ひっくり返った拍子に壊してしまい……。そんなとき、同業者がツイッターで話題にしていたのが、Amazonで売っているこの商品。大して期待はしていなかったのですが、思いのほか座り心地もよく、大正解でした」

 同業者口コミ、恐るべしである。

 一見、スッキリ片付いている越前氏のデスクだが、よく見れば謎のアイテムもちらほら。例えば、この透明な円盤は一体……?

「用途不明のアクリル板なんですが、調べ物用の本を開いておくのにちょうどいい重さで、おまけに下の字も読めるので便利です。ペーパーウェイトってなかなか理想のものがないんですが、これは東急ハンズをぶらぶらしているときに、たまたま見つけたんですよ」

 気に入ったアイテムに囲まれていれば、長時間のデスクワークも俄然、快適なのだ。

ハーバー・ビジネス・オンライン

最終更新:10/10(月) 16:20

HARBOR BUSINESS Online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。