ここから本文です

世田谷区民の台所!三宿&三茶の確実にお得で旨い店10選

東京カレンダー 10/10(月) 5:20配信

世田谷区には美味しい店が数あれど、とりわけ三宿・三軒茶屋は「世田谷区民の台所」といえる地域ではないだろうか。

【この記事の全ての写真】

有名ビストロや一流の寿司屋も集まるグルメ地区だが、恵比寿や銀座で同レベルの味を求めたら1.5倍の値段はかかってしまうだろう。

この街なら、一流のメニューでも、手頃なお値段で気軽にいただくことができる。週末に足を運んでみよう。

食の欲求を満たす食べ応えあるフレンチ『デュ バリー』

池尻大橋

池尻の『デュ バリー』は"食の欲求"を満たすことを最大の目的に掲げ、食べ応えあるメニューを提供するビストロだ。

たとえば、フォアグラと味来とうもろこしのテリーヌ。前菜でありながら甘味、旨みがぎゅっと凝縮され、高い満足度がもたらされる。また、牛ロース肉とリードヴォーのベーニェは、ジューシーに仕上げた仔牛がコクのあるマデールソースと絡み、食欲を優しく満たしていく。

ゆったりと寛ぎながら、日常の延長として使えるように、店内はウッドを基調とした落ち着きのある雰囲気。過度な演出やデコラティブな料理は避け、ゲストが自然でいられる空間を目指している。今夜は気取らずに、食べることの喜びを心ゆくまで満喫してはいかがだろう。

メイン「エゾ鹿のロースト グランヴヌール フォアグラ添え」。季節などによりメニューは異なる。写真は一例

店内はナチュラルなカフェスタイル。コースはプリフィックススタイルで金額別に4種類用意

予約困難の人気店!池尻の名ビストロ『OGINO』

池尻大橋

2007年にオープンしてから予約が困難な状況が続いている『OGINO』。

前菜のパテやソーセージを“好きなだけどうぞ”というスタイルなど、常にうれしい驚きを与えてくれるビストロだ。そんなゲストの心を掴むサービスに加え、素材の良さを引き出す腕前、独自の仕入れルートによる新鮮な食材とブレない追求が、変わらぬ支持の理由。

テイクアウト専門の「ターブルオギノ」として商業施設への出店なども経て、気軽にOGINOの味を楽しめるようになった半面、さらに知名度がアップし、予約の座席争いはなお激化している。

激しい予約争いを戦い抜き、池尻に足を運んででも、一度は味わってみたい名店の味である。

1/4ページ

最終更新:10/10(月) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。