ここから本文です

「自分らしい」デートができる街・代々木公園のグルメ6選

東京カレンダー 10/10(月) 5:20配信

いま、東京でデートするなら「代々木公園」「代々木上原」エリアに誘えば、「この人なかなか通ね」と思われるかもしれない。特に代々木公園エリアは「奥渋谷」とも呼ばれ、話題の新店や人気のビストロが軒を連ねている。

【この記事の全ての写真】

自分らしくいたいデートにはぴったりな街のグルメをご紹介しよう!

こだわりのバゲットに生リンゴの意外性『CAMELBACK sandwich&espresso』

最近代々木公園界隈で最も話題のサンドウィッチ店がこちら。常に店の前には行列をなす人気店だ。

よくありがちなサンドウィッチとは一線を画す、生リンゴとブリーチーズにアカシアの蜂蜜というマッチングが絶妙な大人の甘いサンドイッチ。

付け合わせにある卵焼きは、元鮨職人の店主が時間をかけて焼き上げている絶品。この季節、テイクアウトしていただきたい逸品だ。

“奥渋”で落ち着ける大人のコーヒー店『Fuglen Tokyo』

「奥渋谷」こと代々木公園界隈でコーヒーならば、ここははずせない。ノルウェー発のコーヒーショップで知られる『Fuglen Tokyo 』。

古い一軒家をリノベーションした内装と美味しいコーヒーで、落ち着いたひと時を過ごせる。

代々木公園デートのひと休みに立ち寄りたい店だ。

ワインとともにいただきたい路地裏サンドウィッチ『ME ME ME』

このエリアは近年、お酒も飲めるカフェやビストロがかなり充実してきている。

『ME ME ME』で頂きたいのはローズマリーで焼いたチキンにアンチョビ、マヨネーズ、卵をソース状に細かくしてから挟みこんだ「エッグチキンサンドイッチ」。

テイクアウトはやっておらず、店内のみの販売。ワインと一緒に頂きたいひと品だ。

このエリアをけん引する人気ビストロ『アヒルストア』

このエリアでは『アヒルストア』は知らない者がいないほどの人気店。カウンターをメインにしたパンとワインをウリにした店で、地元の人々に愛され毎夜賑わいを見せている。

店内は、小さいながらもカウンター内に窯を配し、焼きたてのパンをいただける。ワインはすべて自然派でグラス、ボトル共に豊富に揃え、料理との相性も抜群である。

気心の知れた友人や恋人とともに足を運びたい店だ。

東京で豊かに立ち上るピエモンテの香り『オストゥ』

代々木公園のすぐ横にあり、多くの緑に囲まれている店には、やわらかな自然光が差し込む。その心地よい空間でいただけるのは、イタリア北部の郷土料理の数々だ。

シェフ・宮根正人氏はピエモンテ州の一ツ星店『ロカンダ・ネル・ボルゴ・アンティーコ』で5年間修業した経歴を持つ。5年もの間、同じ店にとどまるのは海外修業としては珍しい。それだけに、ここ『オストゥ』はピエモンテの香りが色濃く表現されている。

1/2ページ

最終更新:10/10(月) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ