ここから本文です

しこしこ美味なる玉子麺、ワンタンミー コシを楽しむ「ドライ」をオーダーすべし

CREA WEB 2016/10/10(月) 12:01配信

 マレー半島とボルネオ島北部にまたがる常夏の国、マレーシア。実はこの国、知る人ぞ知る美食の国なのです。そこでこの連載では、マレーシアの“おいしいごはん”のとりこになった人たちが集う「マレーシアごはんの会」より、おいしいマレーシア情報をお届け。多様な文化が融け合い、食べた人みんなを笑顔にする、とっておきのマレーシアごはんに出会えますよ。

麺好きならマレーシアに行こう!

 東南アジアの国々のなかで、なぜかまだ知名度の低い、われらがマレーシア。よく聞かれるのが「マレーシアってどんな料理が食べられるの?」という質問。数日かけてじっくり説明したいのですが、それも困ると思うので、ワタクシこう答えます。

 マレーシアは麺天国です! 麺好きなら、ぜひマレーシアへ! 

「ラクサ」「ミーゴレン」「チャー・クイティオ」「パンミー」「ビーフヌードル」など、バラエティ豊かなマレーシア麺の多くは、中国から渡ってきた料理。本場の味をマレーシア流に進化させ、味に深みを加えて。町のいたるところで食べられる美味なる麺料理は、マレーシアの誇りです。今回はその自慢の麺のなかでも、一度食べたら毎日でもいける、クセになるうまさの「ワンタンミー」をひも解きます。

シンプル・イズ・ベスト! 麺が決め手のワンタンミー

 ワンタンミーとは、細めの玉子麺でつくる麺料理。スープとドライの2種あり、スープは、淡白な鶏ベースのあっさり汁麺。具にワンタンがのっています。ドライは、スープはなく、オイスターソースとにんにくや葱の香味油をベースにした、特製タレをからめて。日本の麺でいうならば、油そば、まぜそばによく似ています。

 どちらも美味ですが、マレーシアでワンタンミーといえば、麺のコシが楽しめる「ドライ」が主流!  「ワンタンミー」と言うと、自動的にドライを提供する店も多いのです。

※3ページ目に、クアラルンプールのチャイナタウンにある「冠記」のワンタンミーを動画でご紹介しています。

ワンタンミーの具、大事なのはワンタンではなく……!?

 さて、ご紹介しているワンタンミー・ドライ。名前になっているワンタン=雲吞のお味は?  と思っている読者も多いはず。海老やお肉が包まれたワンタンは普通においしいのですが、サイズは小ぶりで、麺全体における重要度はあまり高くありません。この麺料理の主役はあくまでも麺。そして、次に大事な具は、チャーシューなのです! 

 ちなみに、おいしいワンタンを食べたいなら、単品でワンタンを注文してみて。専門店であれば、麺の具用とは別に、自慢のワンタンを用意しています。

1/2ページ

最終更新:2016/10/10(月) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年2月号
1月7日発売

定価780円(税込)

ひとりに優しい宿、増えてます!
楽しいひとり温泉。

ひとりにいい温泉宿107
坂口健太郎「ブラームスとギターと」

ほか

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!

天皇陛下の退位 専門家の提言

天皇陛下の退位をめぐり政府が設けた有識者会議は年明けにも、論点整理を取りまとめる。
憲法や皇室問題に詳しい専門家の提言とは。