ここから本文です

夏は白夜、冬は流氷が観賞できる イヌイットの文化が息づくカナダの島

CREA WEB 10/10(月) 12:01配信

Magnificent View #1105バフィン島(カナダ)

 バフィン島は、カナダ北東部の北極圏にある島。本州の2倍以上もある面積に1万人強の人が暮らす、自然豊かな場所だ。

 ここは、先住民族イヌイットの故郷でもある。一年のうち8カ月は最低気温が氷点下となり、真冬は一日数時間しか太陽が昇らないが、人々はここで狩猟や産業をして、たくましく生きてきた。

 北極圏の島というと寂しげなイメージもあるが、近年は、本土からアクセスがしやすいことから、メジャーな観光地に。流氷ウォッチングやオーロラ鑑賞、海氷の上を犬ぞりで行くサファリ体験のほか、イヌイットの伝統的なアートも人気を集めている。

 雄大な山々や海岸線、凛とした氷の世界。バフィン島は極寒の地ではあっても、豊かな自然景観と文化に恵まれている。

芹澤和美

最終更新:10/10(月) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいもの、買いたいものいろいろ
贈りものバイブル

毎日使いたいベストコスメ発表!
村上春樹「東京するめクラブ」より熊本再訪のご報告

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。