ここから本文です

“周りと同じ安心”を捨て、いいジョブホッパーになれ

R25 10/11(火) 7:00配信

男性向けアンダーウエアブランド「TOOT」。しっかりした縫製とクオリティの高さもさることながら、カラフルで遊び心に富んだデザインに定評がある。

ブランドを率いるのが、枡野恵也氏。東京大学法学部卒、新卒でマッキンゼー・アンド・カンパニーという華麗なキャリアを手放し、ベンチャーやスタートアップにジョインしてきた。その選択の背景にある思考は、転職などのターニングポイントで、周囲とは違う道を歩み出すことに躊躇しているビジネスマンに、大きなヒントを与えてくれそうだ。

●仕事は「トレーニングを積む」感覚 実力不足でも自己肯定しよう

高校時代には「国連の事務総長になる」という目標を掲げていたという枡野氏。だが、マッキンゼー入社後の枡野氏の新人時代は、実力不足からくる苦悩の連続だったという。

「とにかく厳しい職場でした。もう何度もくじけそうになりましたよ。2時間くらい説教を受けることもざらにありました。新卒の頃なんかは、何ができないのか、どうしたらいいのかをひたすら紙に書きだして、デスクに貼ってました。なかでも忘れられないのが、『まずは自分を否定するところから始めろ』というフレーズ。そこまで言う職場なんて、イマドキなかなか少ないのではないでしょうか」

就職難易度トップクラスの企業とあって、人材育成にも相当な厳しさがともなったようだ。しかし、枡野氏はスキルが身につくまで食らいつく覚悟を持って仕事に臨んでいたそう。能力が不足していたのか?

「具体的なスキルでいうと、僕の場合はビジネスレベルの英語と問題解決能力がほしかった。マッキンゼーに集まってくる人たちって、とにかく自信に満ちあふれているんですよ。みんな、自分なりの夢や野心があって、そこに向けて『トレーニングを積む』みたいな意識で仕事をしていた。やはり自己肯定感って大事なんですね。だから僕も、ファーストキャリアは自分に絶対的な自信が持てるようになるまで、とにかく頑張ろうと。その能力と自信を手に、よりやってみたい、より関心がある業界に飛び込むんだと思っていたんです」

●「いいジョブホッパー」になれ! 会社を出ない安心感は“幻想”

マッキンゼー退社後は、オンライン英会話サービス、生命保険会社、そして現在のアンダーウエアブランドと、一見すると脈絡のないキャリアを歩んでいるようにも思える枡野氏。若手ビジネスマンのなかには、転職などで不用意に“社外に飛び出す”ことを恐れる人も多いが…。

「『ジョブホッパー』みたいな言葉があるじゃないですか。でも、それは悪いって誰が決めたんですかね? 言い方は変ですけど、『いいジョブホッパー』になればいいんじゃないかと思うんです。働いた期間は短くても、きちんと頑張っていたり結果を出していたりすれば、転々としたっていい。逆に、ただずっと長くいるだけの人とかって何の価値もないじゃないですか。『同じ会社にいれば安心』『周囲と同じで安心』なんて、そもそも思いこみに過ぎない。全部気のせいなんですよ」

枡野氏はこれまでの会社との出会いを「縁」と表現する。それらは偶然ではなく、すべて自ら手繰り寄せてきたものだ。

「僕が望む会社に転職できたのは、色んな“人”と“世界”にアンテナを張っておいたから。ただ人と会うんじゃなくて、『自分はこういうことに興味がある』『こんなことができる』『あなたのお手伝いができるかもしれない』と、ちゃんと伝えることでしょうね。素敵だなと思った人や会社には積極的に声をかけにいくわけです。そして『自分はあなたとこんなことしたいです』って“告白”する。いきなり女性をナンパすることに比べたら、そんなの全然たいしたことじゃないですよ。

僕はもともと社交的な性格で、『臆せず人と話せる』という才能には恵まれたと思います。正直なところ客観的に見て変なやつだなって自覚はありますけど(笑)。全然知らない人に会いに飛び込んでいく。優秀かどうかより、そういうことができる方が結果的にいい仕事に巡り合える気がしますね」

(末吉陽子/やじろべえ)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:10/11(火) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。