ここから本文です

SNSの分析で判明。“あの日”の女性は15%が怒りの投稿

R25 10/11(火) 7:00配信

今や日常のコミュニケーション手段として、SNSは我々の生活になくてはならないツールだ。リアルの友人知人はもちろん、時には顔も知らない遠方のユーザーとつながることができるのも、SNSの醍醐味といえる。

しかし、顔が見えないことの弊害なのか、時にコミュニケーションに齟齬が生じ、他のユーザーからのコメントに敵意を感じてしまうことがある。女性ユーザーから妙にトゲのあるリプライが飛んできたりすると、SNS上のやり取りとはいえ、ちょっとヘコんでしまうことも…。

「バーチャルとはいえ、人と人とのコミュニケーションですから、嫌な言葉を投げかけられれば傷つくのは当然。でも、とくに女性の言葉というのは、バイオリズムに左右されることも多いので、あまり気にしない方がいいでしょう」

そう語るのは、心理学者の内藤誼人先生だ。いわく、SNS上の発言の“荒れ”は、女性特有のバイオリズムと密接に関わっているという。

「これは、米アリゾナ州立大学の心理学者レスリー・ソーントン氏が、調査によって明らかにしたことです。ソーントン氏はTwitter上で『Time of The Month(生理の日)』というワードが含まれるツイートを検索し、ヒットした2211件の内容をつぶさに分析しました。喜びや悲しみなど様々な感情に分類されたツイートのなかで、最も多かったのは、全体の14.2%を占めた“怒りやイライラ”だったそうです。ソーントン氏はこの結果を受け、月経周期がSNS上の発言に明確な影響を及ぼすことが実証されたと考察しています」

こうしたバイオリズムは、男性にはなかなか理解しにくいものだ。もちろん、はっきりとこちらに非がある場合もあるだろうから一概にはいえないが、所詮はSNS上の発言。女性から少々ヘコむ発言を浴びせかけられても、あまり気にしすぎない方がよさそうだ。
(友清 哲)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:10/11(火) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。