ここから本文です

【コラム 2016年注目の俳優たち】 第22回 中川大志&星野源 豊臣と徳川の後継者を演じる2人 「真田丸」

エンタメOVO 10/11(火) 15:45配信

 第40回「幸村」で、ついに真田信繁(堺雅人)が“幸村”を名乗り、いよいよ大坂の陣に向けて動き出した「真田丸」。その大坂城で信繁を迎え、徳川と対峙(たいじ)する豊臣家の総大将が秀吉の遺児・秀頼だ。

 豊臣家を滅亡させた張本人としてひ弱なイメージがつきまとう秀頼だが、第38回「昌幸」で、徳川家康(内野聖陽)を平伏させた堂々たる姿に、大坂の陣への期待感を高めた人も少なくないはず。

 秀頼を演じる中川大志は、1998年生まれの18歳。2011年の大ヒットドラマ「家政婦のミタ」を始め多数の作品に出演し、近年は『四月は君の嘘』(16)などの青春映画やドラマで活躍している。

 だがここで思い出してほしいのは、12年の大河ドラマ「平清盛」での活躍だ。この作品で中川が演じたのは、少年期の源頼朝。保元の乱で共に戦いながらも、勢力を拡大する平氏とは対照的に、朝廷から冷遇された源氏の棟梁・源義朝(玉木宏)は、平治の乱を起こす。その父に従って初陣を飾った頼朝は、敗戦による逃走中、平氏に捕われて流罪となる…。

 後に源氏の総大将となって平氏を滅ぼす頼朝の若き日の苦境を、当時13歳の中川は、少年らしい透明感と聡明さを漂わせつつ演じてみせた。平清盛(松山ケンイチ)との初対面で見せた力のこもったまなざしも、頼朝の将来を予感させるのに十分な輝きを放っていた。

 あれから4年を経た今、中川はそのころの面影を残したままさらに大きく成長。これまで物語を彩ってきた武将たちが次々と姿を消す中、初登場で見せたりりしい若武者ぶりは、終盤の物語を背負う豊臣家当主としての存在感を強く印象付けた。

 一方、大坂の陣で豊臣家と対峙する家康の嫡男・秀忠は、一足早く第28回「受難」から登場。とはいえ、たびたび父・家康から叱責されるなど、その凡庸さは秀頼とは対照的だ。

 演じるのは、ミュージシャンや作家など、マルチな才能を発揮する星野源。俳優としての持ち味を一言で表せば、「存在感のある平凡さ」ということになるだろうか。初主演映画『箱入り息子の恋』(13)では、地味でシャイな35歳の独身男を演じて、数々の賞を受賞している。

 歴史上でも今一つ影の薄い秀忠だが、星野が演じることで劇中でも秀頼との差異が際立ち、大坂の陣に向けて物語をさらに盛り上げる。第39回「歳月」終了後に放送された最終章の展望を示す予告編内の「これは父の総仕上げではない。わしの総仕上げじゃ」という秀忠の言葉も気になるところ。

 父をほとんど知らずに育ちながらも、堂々たる貫禄を見せつける豊臣家当主・秀頼VSいまだ健在の父に頭が上がらない徳川幕府2代将軍・秀忠。

 父・信玄が築き上げた栄華を失った武田勝頼(平岳大)の悲運の物語で幕を開けた「真田丸」は、クライマックスとなる大坂の陣で再び“偉大な父の後継者たち”の運命を描くことになる。そこにはもちろん、主人公の信繁も含まれる。

 その時、豊臣、徳川両軍の大将を演じる2人の俳優がどんな表情を見せてくれるのか、期待して見守りたい。

 (ライター:井上健一):映画を中心に、雑誌やムック、WEBなどでインタビュー、解説記事などを執筆。共著『現代映画用語事典』(キネマ旬報社)

最終更新:10/11(火) 15:45

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。