ここから本文です

つんく♂一家がハワイに移住・子どものグローバル化を目指す?

R25 10/11(火) 7:00配信

つんく♂一家がハワイに移住・子どものグローバル化を目指す?

写真:R25 つんく♂一家がハワイに移住・子どものグローバル化を目指す? より

‘14年に咽頭がんで声帯を失った音楽プロデューサーのつんく♂(47)一家が、今年7月にハワイに移住。海外で仕事の幅を広げることや、子どものグローバルな教育を考えて移住に踏み切ったと、現在発売中の『女性セブン』が伝えている。


つんく♂は’92年にシャ乱のボーカリストとしてデビュー。数々のヒット曲を連発した後、モーニング娘。及びハロー!プロジェクトの総合プロデュースを務めるなど、音楽プロデューサーとしても活躍。’06年に12歳年下の元モデルと結婚し、’08年に長男・長女の双子をもうけ、’11年には次女が誕生している。

同誌によると、つんく♂はハワイ州の官公庁が集まるオフィス街・ダウンタウンに自宅を購入し、7月末に移住。子どもたちは地元のスクールに入学したが、もともと東京のインターナショナルスクールに通っており、英語や外国人に囲まれる環境には慣れているという。吉川ひなの(36)、花田美恵子(47)、梨花(43)など、子育てに重点を置き、子どものグローバル化に期待してハワイを拠点に活動する芸能人は後を絶たないが、そもそもハワイには『アーティストビザ』と呼ばれる芸能人ビザがあるそうだ。また、夫の不倫問題に悩まされている小倉優子(32)も子連れでハワイに移住する準備を進めているという噂も。

最近では慶応や青山などの有名名門私立校よりも、自由な校風で親の負担も少ないインターナショナルスクールに子どもを通わせる芸能人が増えている、との見方もある。日本よりも他人の目を気にせず伸び伸びと暮らせるハワイで、はたしてどのような子どもに育つのか楽しみだ。

(文/タカザワ紅緒)

記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:10/11(火) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場