ここから本文です

石破茂氏 末期がんの父に託された田中角栄への「辞表」

NEWS ポストセブン 10/11(火) 16:00配信

 自分の「最期」について考えるとき、最も身近な“お手本”となるのは、両親が亡くなった時のことではないだろうか。厳しかった父、優しかった母はどうやって人生を締めくくったのか──。衆議院議員の石破茂氏(59)が、「父の死」に際して見たこと、学んだことを明かす。

 * * *
 参議院議員だった父の膵臓がんが発見されたとき、もうすでに手遅れの状態でした。鈴木善幸内閣で、父が自治大臣に就任してすぐの1980年秋のことです。

 その年の12月に手術を受けましたが、私は手術の前日、父に呼ばれて、「わしが死んだら財産をこう分けろ」などと懇々と説明されました。

 その日、父は最後に封筒を取り出し、「これを明日、田中のところに持っていけ」といいました。田中とは、父の親友だった田中角栄・元首相のことです。「これは何ですか」と聞くと、父は「辞表だ。わしは明治の人間だから、死んだ時に辞表が出ていなかったというのでは、天皇様に申し訳ない」といったのです。

 翌日、目白にあった田中邸を訪ねて辞表を手渡すと、田中先生は一瞬絶句して、「立派だ」とだけ口にしました。

 手術後、医師から「もって2年、短くて半年」と宣告された父は故郷の鳥取に戻り、市内の病院に入院。当時、三井銀行に勤めていた私は毎週末、父の見舞いのために夜行特急で鳥取に戻っていました。

 8月の終わり頃、母から電話がありました。その日の朝、父が「田中が見舞いに来てくれてとても嬉しかった。あれは夢だったのか?」と嬉しそうに話していたというのです。「死ぬ前に田中先生に会わせてあげられないか」と母に懇願され、恐る恐る目白に電話すると、田中先生は「わかった。すぐ行く」と短くおっしゃいました。

 当時、田中先生はロッキード事件で刑事被告人の身で、東京を離れるには裁判所の許可が必要でした。それでも先生は数日後には父を見舞ってくれました。公判中に地元・新潟に戻る以外で東京を離れたのは、その時が初めてだったそうです。

1/2ページ

最終更新:10/11(火) 16:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。