ここから本文です

大一番に気合十分!香川真司「必ずチャンスはある」

東京ウォーカー 10/11(火) 9:02配信

サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)出場をかけたアジア最終予選の第4戦が、10月11日(火)に行われる。6大会連続6回目の本大会出場を目指す日本代表は、敵地でオーストラリア代表と対戦。10日(日)に現地で試合の前日練習を行った。

【写真を見る】試合が行われるメルボルンにあるドックランズ・スタジアム

日本代表は最終予選3試合を終えて、2勝1敗で現在はグループBの4位。グループ上位2カ国に与えられる本大会の出場権獲得に向け、首位のオーストラリア代表戦はまさに大一番。香川真司選手も、「グループのなかでもベストのチーム。すごい大事な試合だと思う」と位置付ける。

2-1で勝利した6日(木)のイラク代表で出場しなかった香川選手だが、「早いタッチで両サイドを上手く使いながら、プレーすることが必要だと思う。両サイドには走れる選手やスピードのある選手がいるので、カウンターになったら迷わずみんなが前に早いスピードで展開していければ、必ずチャンスはあると思う」と、プレーのイメージは膨らんでいる模様。

「自分は動きながら、攻撃をしていく人間。そのイメージを持って試合に臨みたい。その中で、勝負どころでうまくポジションをとれれば、チャンスになる」と語った。

現在のアジア王者との対戦ということもあり、「本当に厳しい戦いになる」と気合も十分。「チームとして我慢する時間も含めて、90分通して戦い切れるように、そういう気持ちを常に持ってやりたい。そう甘く勝てる相手ではないと思うので、気を引き締めていきたい」と、意気込む。

決戦に向けた気力がみなぎる香川選手。その上で、「この試合を心から楽しむという表現はあまり使いづらいところではあるけれど」と前置きをしつつ、「本当にポジティブにみんなが思い切ってチャレンジできたら、いいサッカーができると信じている」と口にした。

香川選手らしい創造性で、大男を手玉に取るプレーに期待しよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:10/11(火) 9:02

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。