ここから本文です

永観堂の紅葉ライトアップを楽しむベストコースはこれ!

東京ウォーカー 10/11(火) 18:59配信

■ みかえり阿弥陀で有名な紅葉の名所に酔いしれる

浄土宗西山禅林寺派の総本山で、空海の弟子・真紹が藤原関雄の山荘を譲り受け、尊像を安置し真言宗の道場としたのが始まりとされる永観堂。振り返っている姿から“みかえり阿弥陀”として有名な、本尊の阿弥陀如来立像など、多くの寺宝を所蔵し、ライトアップ期間中には寺宝展も開かれる予定。

【写真を見る】中門をくぐりしばらく歩くと、諸堂入口となる大玄関前付近の見事な紅葉が迎えてくれる

853年に創建し、近年では“モミジの永観堂”としても有名で、境内一帯が深紅に染まるほどの紅葉の名所だ。水面にカエデやイチョウが映り込む放生池は見逃せない。また、石畳の道には優しい光がともる灯籠が並び、ロマンチックな雰囲気に!

特に決まったルートはないが、ベストコース<1~6>は、まずは中門から石畳の通路を通って放生池方面へ。紅葉の背後に浮かぶ多宝塔を眺めたあとは、茶屋に寄って紅葉と池から流れる小川のせせらぎを感じながら、散策の休憩をとるのもおすすめ!

■ <1>大玄関前

中門をくぐりしばらく歩くと、諸堂入口となる大玄関前付近の見事な紅葉が迎えてくれる。ここから多宝塔方向を見上げるのもおすすめ

■ <2>石畳の道

優しい光がともる灯籠が並べられた、風情あふれる石畳の両わきに紅葉が並ぶ。参拝者を別世界へいざなってくれるようなアーチに感動!

■ <3>阿弥陀堂

本尊の阿弥陀如来立像が安置される阿弥陀堂は、極彩色と紅葉の鮮やかさがとても印象に残るスポット。幻想的な光景を目に焼き付けよう。

■ <4>極楽橋

極楽橋の上に立って放生池の中心を眺めると、燃えるような紅葉や池の中心に立つ弁天社を望める。弁天社にかかる橋が池に映るのも美しい。

■ <5>画仙堂

庭園に立つ画仙堂周辺から多宝塔方向を見上げれば、まるで深紅の海に浮かぶように多宝塔が見られる。一度見ると忘れられない光景だ。

■ <6>みかえり茶屋

美しい日本庭園を眺めながら、みたらし団子やお茶で一服できる茶屋。出口に向かう前に、散策の疲れを癒しながら深紅のカエデを眺めよう!

【関西ウォーカー編集部】

最終更新:10/12(水) 19:44

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。