ここから本文です

日本代表が大観衆のアウェイ戦でドロー!強敵の豪代表と痛み分け

東京ウォーカー 10/11(火) 21:21配信

サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)出場をかけたアジア最終予選の第4戦が、10月11日(火)に行われた。6大会連続6回目の本大会出場を目指す日本代表は、相手サポーターで埋まった敵地でオーストラリア代表と対戦した。

【写真を見る】大一番に臨んだ日本代表

2勝1敗でグループBの4位につける日本代表は、2勝1分けで首位の相手に、5分に先制。相手のパスを原口元気選手が奪うと、長谷部誠選手、本田圭佑選手とつなぎ、最後は走り込んだ原口選手が抜け出し、冷静に左足で流し込んだ。

早々にリードすると、ボールを持たれながらも、まとわりつくような粘り強い寄せで、オーストラリア代表に攻撃の形を作らせない。

1点差のまま後半を迎えたが、52分に原口選手がペナルティエリア内で、相手選手を倒してファウルを取られてしまう。PKを与えると、オーストラリア代表のマイル・ジェディナク選手にシュートを決められ、追いつかれてしまう。

振り出しに戻ると、74分に小林悠選手がゴール前で決定的なヘディングシュートを放つが、相手GKの好守に阻まれる。

日本代表は、清武弘嗣選手と浅野拓磨選手、丸山祐市選手を投入。互いにチャンスを得ながら、追加点は奪えなかったものの勝ち越しを許さずにタイムアップを迎えた。

1-1で引き分けた日本代表は、2勝1分け1敗の勝ち点7。オーストラリア代表は2勝2分けの勝ち点8となった。

最終予選は来年9月まで実施。日本代表の入るグループBには、オーストラリア代表の他、サウジアラビア代表、UAE代表、イラク代表、タイ代表が同居。グループ上位2カ国に本大会への出場権が与えられる。

日本代表は、11月15日に行われる次戦で、ホームの埼玉スタジアム2002にサウジアラビア代表を迎える。W杯出場を目指す日本代表を、大きな声援で後押ししよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:10/11(火) 21:21

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。