ここから本文です

家族を守る防災対策。「緊急連絡先リスト」を作ろう

東京ウォーカー 10/11(火) 22:00配信

会社、学校、自宅……。家族が別々の場所にいるときに被災したらどうするか、しっかり事前準備はしていますか? 家族の安否確認のためにしておきたいことを、NPO法人ママプラグ認定アクティブ防災ファシリテーター・宮丸みゆきさんに教えてもらいました。

【写真を見る】携帯電話にしか登録していないと、電源を喪失した際、分からなくなるおそれも。リストは紙や手帳に記入して



【緊急連絡先をリストアップしておく】

夫の勤務先や子どもの学校など、緊急時に連絡を取りたい所の電話番号は紙や手帳に記入し、家族全員が分かりやすい所に置いておきます。携帯電話にしか登録をしていないと、電源を喪失したときに、番号が分からなくなってしまうおそれも。子どもの習い事先など、災害時にいる可能性のある所も記入しておきましょう。



まさに、備えあれば憂いなし!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:10/11(火) 22:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。