ここから本文です

倒錯の性を求め続けた男の物語 『異端者』 (勝目梓 著)

本の話WEB 10/11(火) 12:00配信

 出版社を退職し、海を眺め一見穏やかに生きる老境の男。彼には近親相姦、羞恥プレイ、乱交、SM……人にけして言えぬ「性」遍歴があった――。

 純文学から転向し、セックス&バイオレンス小説で一世を風靡、80を過ぎてからも『あしあと』など評価の高い作品を送り出してきた著者の最新作は、自らの原点「官能」を掘り下げる久しぶりの書き下ろしだ。

「『あしあと』で、小説はやり遂げた感じが自分にはあったのだけど編集者から『次は書き下ろし』と言われて、半年近く考えました。外から題材を見つけられないわたしは、自分の中から探すほかない。だから、それまで向き合ってきた『性』をテーマに、異常性癖をめぐる男性の一代記を書くことになりました」

 戦争で夫を亡くした母は、女手一つで誠一郎を育てたが、息子の性の目覚めとともに、母子は一線を越えてしまう。そのことが、深い心の傷となったまま成長した誠一郎は、外では快活にふるまいつつも、母と性交した自らを罰するべく、女性を遠ざけるようになっていた。しかし、大学生の時に経験した男性の後輩とのセックスをきっかけに、彼の倒錯のオデッセイが始まる。

 だが、自らを戒め、つつましやかに暮らす主人公が“異端者”として生きる様は“放蕩”よりむしろ“求道”という言葉が似合う。読み進めるうちに、見るも不快なはずの行為が、やがて清々しさすら感じられていく。

「テーマゆえの悩みとして、性癖が過激になればなるほど、読者がひいてしまうのは避けたかった。そのため物語の前半は、物語の背骨を作るため、母の日記を通しての心象描写がありますが、後半の誠一郎の行為そのものは、あえて突き放したような描写にすることで、対象との距離を設けて、嫌悪感を抱かせないよう意識しました」

 原点の「性」に戻った背景には、今の小説を取り巻く状況への危機感もあったという。

「性という人生とは不可分の“やっかい”なものが、小説としてあまり描かれなくなる状況に一抹の寂しさを感じ、あえて、後ろ暗いものを書いてみました。健全で健康ないわば“動脈”のような小説が存在する一方で、プライベートなこと、人には言わないこと、それらを書いた“静脈”のような小説もある。どちらか一方だけでは、成立しないと思うんです。でも、最近は、どうもそうではない気がしていて、そんな風潮に一石を投じられたら」

 本来の「小説」とは何か。それは、個人を描くことだと、改めて思い知らされる「官能小説」の傑作だ。

勝目梓(かつめあずさ)

1932年東京生まれ。『文藝首都』同人として小説を発表、74年「寝台の方舟」で小説現代新人賞を受賞し大衆小説へ転向。作家生活は40年を越す。

聞き手:「オール讀物」編集部

最終更新:10/11(火) 12:00

本の話WEB

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。