ここから本文です

矢部浩之と青木裕子、超セレブ幼稚園の運動会見学で下調べ「自分の出身校に入れたい」

週刊女性PRIME 10/11(火) 18:21配信

「子どもを抱いたきれいな女性がいたので、よく見たら青木さんでした。隣には矢部さんも。その場に溶け込んでいたので、この幼稚園にすでにお子さんが入園しているのかと思いましたよ」

 と語るのは、都内のある幼稚園に子どもを通わせている母親だ。9月29日に行われた運動会で、『ナインティナイン』の矢部浩之と妻の青木裕子の姿が目撃された。

 この幼稚園は保護者たちの間で“東京御三家”と呼ばれている幼稚園のひとつで、

「慶應幼稚舎への合格率が高く、入園の倍率は10倍。勉強だけじゃなく、カトリック精神に基づき情操教育に重点をおいた教育方針をとっています。でも、紹介者がいないと入学願書さえもらえないんですよ」(前出・子どもを通わせる母親)

 というほどの“超セレブ”園としても知られている。どうして矢部と青木が幼稚園の運動会にいるのだろうか? 

 ふたりは'13年3月に結婚し、翌年、長男が誕生した。今年の1月には次男が生まれている。

「長男が来年の3月で3歳になります。幼稚園に入園する年齢ですから、どこに入れようかと、下見していたんでしょう。ただ、その次の段階の“小学校のお受験”も考慮して、難関校への合格率が高いところを狙っているみたいです」(芸能プロ関係者)

 実際、ふたりはこの園以外にもいくつかの幼稚園を見学しているようで、来るべき春に備えて、今から準備しているのだろう。

 矢部の所属事務所に話を聞いてみると、

「いろいろと下見に行っているようですね。どちらかというと奥さんのほうが熱心だと聞いています」

 青木は慶應大学の出身。'01年、1年生のときには『ミス慶應』に輝いた才媛だ。

「将来、子どもを自分の出身校に入れたいと願う気持ちがあるんでしょう。最近の芸能人は子どもを難関校やセレブ校に入れたいと思う人が増えましたね」(芸能レポーター)

最終更新:10/11(火) 18:21

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。