ここから本文です

パティ・スミスやジュード・ロウらが作品を寄贈──モンクレールのアート展

GQ JAPAN 10/11(火) 18:31配信

世界的なアーティストによるポストカードが、モンクレールの新店舗で展示・発売された。なんと収益金は、学生2名の授業料2年間分として充てられるという。

【「Freeze for Frieze」の展示様子とポストカードの画像】

美意識をなくして、ファッションは成り立たない。そしてファッションは、新たな才能による刺激を常に待っている。

“明日を担うクリエイティブな人材をサポートする”という哲学を持つモンクレールは、芸術大学の最高峰、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートとコラボレーションした展覧会「Freeze for Frieze」を開催した。

ロンドンのオールド・ボンド・ストリートにオープンしたモンクレールの新店舗での期間中(10月7日~9日)、約400ものアートピースが展示されていた。これらの作品はポストカードとして60ポンドで販売され、その収益はロイヤル・カレッジ・オブ・アートのファッション&テキスタイル科のなかから選ばれる学生2名の2年間の授業料に充てられるという。

この展覧会のために、モンクレールはさまざまな分野で活躍するアーティストやデザイナー、ポップカルチャーのアイコン的人物たちにアート作品を寄贈してくれるように依頼。ポストカードは匿名の作品として飾られ、アーティスト名は裏面にサインとして記されている。ポストカードを入手するまで、どのアーティストが手がけた作品なのかが分からないという趣向だった。

作品を寄贈した人々(の、ごく一部)。

ジュディ・ブレーム(コスチュームデザイナー)、アントン・コービン(フォトグラファー)、アルベール・エルバス(ファッションデザイナー)、ミーガン・フォックス(女優)、ドリー・ヘミングウェイ(モデル/アーネスト・ヘミングウェイのひ孫)、隈研吾(建築家)、ジュード・ロウ(俳優)、クリス・マーティン(ミュージシャン)、ラファエル・ナダル(テニスプレイヤー)、ピーター・サヴィル(アートディレクター)、パティ・スミス(ミュージシャン)はじめ多数。


お問い合わせ先
モンクレール ジャパン
Tel.03-3486-2110

文:青山鼓

最終更新:10/11(火) 18:31

GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月24日発売

600円(税込)

2016年の男達「MEN OF THE YEAR 2016」発表!/世界のリーダー総決算!今年のビジネスを読み解く、ランキング30/森星の1日、イットガールを追いかけて

なぜ今? 首相主導の働き方改革