ここから本文です

絶対に見たい九州の“美景”

リビング福岡・北九州 10/11(火) 12:20配信

自然豊かな九州には、息をのむような景色が見られる場所がたくさん。震災にあった熊本や大分も、観光できるところは豊富にあります。各観光協会の人に、おすすめの“美景”を聞きました。秋から冬にかけて、心洗われる風景を見に出かけませんか。

【写真】秋から冬にかけて、心洗われる九州の風景

●南阿蘇 【グリーンロード】
地震による道路損壊のため、熊本市方面からの主なルートは2本。「熊本インターから大津~ミルクロード」、そして「熊本空港~西原村~グリーンロード」です。雄大な阿蘇の景観を眺めながら走る緑のコースは、リフレッシュするのにピッタリです。
みなみあそ村観光協会 会長 河津 謙二さん


●大観峰 【ミルクロード】
世界最大規模のカルデラである阿蘇の雄大な風景をたどる道を「ミルクロード」といいます。秋のおすすめは何といっても大観峰から見る「雲海」。気象条件さえ合えば、早朝の大観峰から眺める景色は、それこそ雲の海に浮かぶ阿蘇五岳。2度と同じ姿は見れないほど、珍しい風景です。
阿蘇市観光協会 事務局長 松永 辰博さん


●耶馬溪 【紅葉・深耶馬ウォーク】
都会の喧騒(けんそう)を忘れさせる深耶馬の紅葉たちがあなたをお出迎えします。11月上旬には「深耶馬ウォーク」を開催。毎年多くの方が参加されます。深耶馬の赤く染まったもみじをみながらのウオーキングです。日本新三景100周年の耶馬溪にぜひお越しください。
中津耶馬溪観光協会 梅木 和子さん、石橋 洋子さん


●豊後高田 【真玉海岸の夕日】
「昭和ロマン蔵」から車で約15分。真玉海岸は“日本の夕陽百選”に選ばれた、美しい夕日を見ることができます。これは、干潮と日の入りが重なると縞模様が浮かび上がり、絶妙な情景を映し出してくれます。季節や天候が生み出すマジックアワーです。10月は5日(水)~7日(金)、19日(水)~21日(金)が狙い目。昭和の町・豊後高田市公式観光サイトで確認を。
豊後高田市観光協会 朝倉 麻理子さん

最終更新:10/11(火) 12:20

リビング福岡・北九州