ここから本文です

節税効果の確定拠出年金 老後資金として552万円用意可能

マネーポストWEB 10/11(火) 16:00配信

 節税ができる上、老後の資金作りにもなる「確定拠出年金」。だが、厚労省によれば加入者はまだ22万人ほどとわずか。なぜなら、まだよく知られていないから。仕組みを知って、一歩先行く“貯金上級者”になろう!

 確定拠出年金の節税効果を実際に計算してみたところ、年収127万円のパート主婦の場合、月2万円ずつ掛けることで、年間3万6000円を節税だけで取り戻せ、20年間ではなんと、72万円もお得になることが判明!

 マネーコンサルタントの頼藤太希さんはこう語る。

「しかも、20年間の掛け金の総額は480万円になります。運用利益がゼロだとしても、480万円分の貯金ができた上、節税効果だけで72万円分、つまり15%の利益(手数料など運用コストは考慮しない)を出せたのと同じ効果が得られます」

 初心者が投資で15%もの利益を上げるのは相当難しいし、リスクが高いけど、この方法ならノーリスク。節税できた分をきちんと貯めておけば、老後資金として合計552万円も用意できちゃうんです。

 ファイナンシャルプランナーの長尾義弘さんはこう解説する。

「ただし、パートでも年収を100万円以下(住民税は100万円、所得税は103万円を超えると発生)に抑えている人や収入のない専業主婦の場合、もともと税金を払っていないので、掛け金を払っても、戻ってくるお金はありません。その場合は節税メリットがないだけでなく、手数料がかかってくるので、損してしまう可能性も」

 つまり、専業主婦と年収100万円以下のパート主婦は節税メリットはなし。運用中と将来受け取る時の非課税だけがメリットってことね。

 確定拠出年金の節税効果は、世帯ではなく“個人の収入”ごとなので、妻と夫で入れば、Wでお得なんだって!

「会社員の所得税率は10%の場合が多く、年間24万円の掛け金で、年4万8000円戻ります」(前出・頼藤さん)

 例えば、パート主婦と会社員夫でそれぞれ、月2万円ずつ20年掛ければ、合計168万円もお得。

 それだけ余計に税金を払ってるってことなのよね。税金って高い…と改めて実感。どこかの政治家に無駄遣いされるぐらいなら、返してもらえるものは取り戻さなきゃね。

取材・文■大上ミカ(生活マネーウオッチャー)

※女性セブン2016年10月20日号

最終更新:10/11(火) 16:00

マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。