ここから本文です

老けやすい時期もしっかり肌を守る! 秋の“ゆらぎ肌”対策とっておきアイテム6

Suits-woman.jp 10/11(火) 17:30配信

夏に紫外線を浴びてバリア機能が弱まった肌は、秋になっても不調を引きずりがち。さらに急激な気温変化や乾燥が進んで、老化しやすくなります。また、紫外線によるダメージが蓄積して色素沈着やシミが現れることも。加えて、肌が冷えることで血行不良やくまも起こりやすくなります。

そんなときには、乾燥・くすみ・色素沈着・シミ・くま・血行不良など肌のサインに合わせてスキンケア方法を変えるなど、状況に応じた対策が必要です。素早くできる保湿や美白、あたためケアなど、簡単だけど徹底した秋のお手入れで“ゆらぎ”から肌を守りましょう。

カサカサ乾燥にはどんな保湿が必要?

季節が秋に変わると、空気の乾燥によって肌表面のカサカサにも追い打ちが……。肌をうるおすための機能が働くと、皮脂分泌が過剰になって肌トラブルにつながってしまうことも考えられます。外気だけでなくオフィスや自宅など、室内の空気も乾燥して水分が奪われるので、日頃からこまめに保湿を心がけることが肝心です。

オフィスで ~ミスト~

いつでもシュッと吹きかけられる高保湿のミストをデスクの上に用意しておくと便利。こまめにスキンケアすることができます。また、水だけでつくられた携帯用のミストは、周辺に吹きかけることで湿度アップにも。

オフィスで ~加湿器~

仕事場のデスクに置くなら、コンパクトなスチーム式の加湿器がおすすめです。加湿力がパワフルなのも魅力。

スキンケアタイムに ~スペシャルケア~

秋の保湿対策でぜひ取り入れたいのがシートパック。いつも通りに化粧水をつけるよりもしっかりうるおいます。乾燥がひどい場合は、集中的に5日程度続けることで肌自体の保湿力をアップしてくれるという優れもの。ただし、それ以上やりすぎると肌の保湿機能が弱くなってしまうこともあるので、ほどほどに。通常時は週に1~2回、スペシャルケアとして取り入れましょう。特に乾燥が気になる部位には、目元用・口元用などの部分パックをすることで保湿が強化できます。

受けてしまった紫外線によるトラブルには……

夏に紫外線をたくさん浴びた後は、肌にトラブルが残ってしまうのが心配です。色素沈着やくすみなどの日焼け跡、現れてしまったシミには正しい方法でアフターケアを。紫外線による老化をケアして輝く肌を目指しましょう。

1/2ページ

最終更新:10/21(金) 23:03

Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。