ここから本文です

【MLB】イチロー、通算2500試合出場もワールドシリーズ未経験は現役最多。マーリンズ来季の可能性は?

ベースボールチャンネル 10/11(火) 11:00配信

メジャー17年目のシーズンへ

 来シーズンも、イチローはマーリンズの選手としてプレーする。10月5日、マーリンズは年俸200万ドルの球団オプションを行使することを発表した。

 イチローにとって、来シーズンはメジャー17年目、マーリンズでは3年目となる。レギュラーシーズンの出場2500試合は、ワールドシリーズに出場したことのない現役選手では最も多く、2位のエイドリアン・ゴンザレス(ドジャース)とは696試合の開きがある。ゴンザレスが今年のワールドシリーズに出場すれば、2位との差はさらに広がる。

 これまで、イチローはポストシーズンに2度出場した。2001年と2012年のどちらも、リーグ優勝決定シリーズで敗れ、ワールドシリーズには進めなかった。一方、マーリンズのポストシーズン進出も2度(1997年と2003年)だが、こちらはいずれもワイルドカードからワールドチャンピオンまで登り詰めた。

 今シーズンのマーリンズは、最終的には負け越したものの、ポストシーズンに手が届きそうなところまで迫った。8月15日の時点では、カージナルスと並んでワイルドカードの2番手にいた。来シーズンはそこから一歩上がり、ポストシーズンに辿り着けるのだろうか。

 野手陣のレギュラーは、今シーズンとほぼ変わらない。唯一、三塁手のマーティン・プラドは今オフにFAの予定だったが、9月下旬に3年4000万ドルの延長契約を交わした。ベテランのプラドは安定した働きが見込め、20代の他7人のうち、レフトのクリスチャン・イェリッチ、センターのマーセル・オズーナ、捕手のJ.T.リアルミュートは、今シーズンにステップアップを果たした。

 遊撃手のアデイニー・エチャバリアは打力が低く、一塁手のジャスティン・ボーアは左投手に弱いが、主砲にはライトのジャンカルロ・スタントンがいて、リードオフは二塁手のディー・ゴードンが務める。全体としては悪くないラインナップだ。2シーズン続けて怪我に見舞われたスタントンが健康に過ごせば、イチローの出場機会は減る一方、打線の得点力は今シーズンより増す。

1/2ページ

最終更新:10/11(火) 11:00

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。