ここから本文です

【豪州戦直前】ハリルJに提言したいスタメン案。日本代表のイレブンをFチャン編集部が厳選

フットボールチャンネル 10/11(火) 7:00配信

 日本代表は11日、ロシアワールドカップアジア最終予選でオーストラリア代表とアウェイで対戦する。

【日本代表vsオーストラリア代表】過去5戦の対戦成績

 イラク戦では劇的な勝利を収めた日本だが、オーストラリアはグループ内で最も力のあるチームであり、これまでの相手とは明らかにレベルの異なる相手であるが、この試合で起用すべき先発メンバーをフットボールチャンネル編集部が厳選した。

 酒井宏樹は累積警告による出場停止のため、オーストラリア戦ではプレーできない。そのため、酒井高徳を右サイドに回して左サイドにはここまで出場機会の少ない太田宏介を起用したい。

 ハリルジャパンはクロスを使った攻撃が多い。それを踏まえると、左足での高いクロス精度を誇る太田に出場機会が与えられるべきだろう。

 ボランチには山口蛍を配置。オーストラリアの前線はスピードやテクニックに優れるため、中盤で相手の攻撃を潰すことのできる山口が適任だ。ゴールを決めることが彼の役割ではないが、イラク戦の劇的決勝点は明らかに本人に自信を植えつけるものであった。良い精神状態を持っている今、起用しない手はない。

 1トップに置くのは浅野拓磨。オーストラリアの守備陣は高さには強いがスピードに難がある。日本はこれまで以上に押し込まれる展開が予想されるが、そこを耐えながらカウンターで浅野のスピードを活かすことで、オーストラリアの弱点を突くこともできる。

 浅野が裏を狙い続けることで、オーストラリアのDFラインを押し下げ、優位な試合運びをしたいところだ。

 イラク戦は本田圭佑が右サイドを務めていたが、お世辞にも状態が良いとは言い難かった。本来の良さであるキープ力も発揮できず、守備の帰陣も遅い。イラク戦で本田に代わって途中出場した小林悠は、川崎フロンターレで見せているようなプレーを見せた。オフザボール時の動きは一級品で、オーストラリアDFの隙を突くことができるはずだ。

フットボールチャンネル

最終更新:10/11(火) 7:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。