ここから本文です

鈴木亜美、「外人みたいな鼻になってる~」と整形疑惑浮上 “同期”宇多田ヒカルとの格差広がりファン嘆く

おたぽる 10/11(火) 12:00配信

 1日、歌手の鈴木亜美が自身のブログに「伸ばしてたけど、我慢できずにカットしちゃいましたぁ~!!」と、自撮り画像をアップし、前髪を切ったことを報告したのだが、ネット上では「こんなに鼻、高かったっけ?」「外人みたいな鼻になってる~」などと、前髪よりも、不自然に高く見える鼻の方に注目が集まった。

鈴木亜美、“幸せ奥様”枠で出演に「ミスキャスト!」の声 松本人志&岡村隆史の批判に賛同の声が殺到

 1998年に歌手デビューした頃は、トレードマークのアヒル口など、アイドル的なルックスから爆発的な人気を獲得していた鈴木だが、寄る年波には勝てず、2014年に俳優の高岡奏輔と横浜スタジアムで野球観戦デートをしている姿を激写された際には、「いや、鈴木亜美じゃなくて、一般女性だろ」「別人だよ」などと、その劣化ぶりでネット上を騒然とさせたこともあった。そして、昨年頃からは目の整形疑惑をささやかれることも多くなっていた。

「昨年頃から、ネット上で『目頭切開したのでは?』と、目の整形疑惑をささやかれている鈴木ですが、ブログなどに自撮り画像をアップする際には、その目をさらに大きく見開いて撮っていることが多いため、『怖すぎる』という声も多く聞かれます。今月1日にアップした自撮り画像でも、『目頭が鼻まで切り込んでないか?』と指摘する声が飛び交っていましたが、それ以上に、『鼻が高くなってる』と指摘する声が多く、普段は真正面を向いて自撮りすることが多い鈴木が、今回は少し斜めを向いて、鼻のラインが見えやすいように撮っていることから、『いじったから見せびらかしたくなったのでは?』と揶揄する声も寄せられています」(芸能関係者)

 今年7月、7歳年下の一般男性とのデキ婚を発表した鈴木だが、その翌月には、東京都内で行われた音楽フェスに登場。99年に発売した7thシングル「BE TOGETHER」(TRUE KiSS DiSC)など代表曲5曲を披露したのだが、「妊娠中に大丈夫なのか?」という批判の声を浴びるのと同時に、「いまだに、代表曲がデビューした頃のばっかり」と指摘する声も多かった。

「鈴木と同じく98年にデビューした女性歌手は、当時、鈴木の最大のライバルといわれていた浜崎あゆみ、さらには、宇多田ヒカル、MISIA、椎名林檎、aikoと、錚々たる顔ぶれが並び、“奇跡の世代”とも呼ばれているのですが、その中にいても鈴木は、負けず劣らずの輝きを放っていました。しかし、2000年以降、ギャラや活動方針などをめぐって事務所と対立。民事訴訟を起こし、それと共に芸能活動は事実上、休止状態に陥り、その後、歌手業は再開したものの、ヒット作は生まれず。最近では、ライバルだった浜崎の凋落ぶりも、ネット上では揶揄される対象となっていますが、それに引き換え、今年から本格的に歌手活動を再開させた宇多田をはじめ、MISIAや椎名林檎、aikoらは、CDをリリースすれば今だにヒットチャートを賑わせていますし、コンサートチケットも即、完売させる集客力を誇っています。鈴木ファンからは、『あの時、事務所とのいざこざがなければ……』『まさか、アミーゴの全盛期があんなに短いとは夢にも思わなかった』などと嘆く声が広がっています」(同)

 鈴木は、08年からDJ活動を始め、今では歌手業よりもDJ業の方がメインになっているのだが、先月25日、ブログに、「私の産休の為のラストDJを素晴らしいイベントで締めくくり」と、香川県・丸亀で行われたイベントの様子をアップした際には、ファンから「産休前にラスト歌手姿は見せてくれないの?」「まさか、DJ姿で終わりじゃないよね?」などといった疑問の声が殺到した。

最終更新:10/11(火) 12:00

おたぽる

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。