ここから本文です

静岡の女性議員ネットワーク「なないろの風キャラバン『HOW TO女性議員』女性議員のトリセツ講座」を開催中!

政治山 10/11(火) 17:30配信

 政府は「女性活躍の推進」をかかげていますが、政治の世界では女性議員(国会議員)の割合は11.60%で世界147位、平均の20.52%を大きく下回り先進国では最下位となっています。政治の世界では、何が女性の活躍を妨げているのでしょうか。静岡県内で女性の政治参画を目指して議員ネットワーク「なないろの風」を設立した、浜松市議会議員の鈴木恵氏にご寄稿いただきました。

女性議員を増やす会「なないろの風」を設立

 女性議員を増やす会「なないろの風」は、静岡県内の女性の政治参画をより強く推進するために、政治活動に携わる女性の同士が意見交換、情報交換をする場をもうけ、ゆるやかな連帯を築き、一緒に考え、行動していこうと2014年7月に設立しました。市民とともに女性の政治参画を進めるために、考え、行動していくことを目的としています。

静岡県議会の女性議員の割合は4.3%

 真の地方分権、実行力のある地方自治を推進するためには、多様な視点の参画と市民生活に根ざし、生活者とともに行動する政治を実践する市民派議員が必要です。なかでも、生活者の目線から行政をチェックし、政策を提示できる女性議員の存在が欠かせないと考えます。しかしながら、静岡県内の議会における女性議員の割合は、県議会4.3%、市議会13.0%、町議会10.7%(2016年4月現在)でどちらも全国平均より下回っています。国は、2020年までに、政治の世界や企業などで指導的地位に女性が占める割合を30%にしようと目標を立てていますが、静岡県においてはまだまだほど遠い数字です。

 市民派、なかでも女性議員を増やしたいと思い、行動する県民をいかに増やし、女性議員を増やすか、また、議員とともに活動する市民の力をどのように結集させるかが静岡県の地域自治における大きな課題であると私たちは考えています。「女性議員を増やす」というところから静岡県における自治を考え、真の地方分権、実行力のある地方自治を目指していきたいと考え、「なないろの風」を設立させました。

 現在、無所属市民派の現職10人と元職2人からなる12人で構成されていて、ゆるやかな集まりとなっています。以下がメンバーです。秋山博子(焼津市議会議員)、芦川和美(磐田市議会議員)、大塚邦子(吉田町議会議員、議長)、小沢映子(富士市議会議員)、川崎和子(磐田市議会議員)、窪野愛子(掛川市議会議員)、倉部光世(菊川市議会議員)、近藤千鶴(元芝川町議員)、鈴木恵(浜松市議会議員)、戸塚久美子(元静岡県議会議員)、野村諒子(三島市議会議員)、山下富美子(沼津市議会議員)。代表は1年ごとの持ち回りで、現在は富士市議会議員の小沢映子です。

 市民派女性議員は、地域の支援を得ることがほとんどないために、立候補することが大変だけでなく、議員になった後も大変です。ロールモデルは身近におらず、日々どう対応したらいいかの相談先にも苦労します。

 そこで、なないろの風では、それぞれの議会活動でぶつかる課題について、インターネットを活用し、日常的に情報交換、意見交換をしています。また、丸1日かけてそれぞれ取り組んできたテーマや地域の課題について報告しあう合宿をしたり、お互いの自治体で特徴的な施策や施設などを視察したり、フィンランドの社会政策や地方自治などについての勉強会を開いています。

1/3ページ

最終更新:10/11(火) 17:30

政治山

記事提供社からのご案内(外部サイト)

政治山

株式会社パイプドビッツ

政治山は政治・選挙情報のポータルサイト
です。選挙において投票の判断材料となる
記事、候補者紹介・比較、動画、調査分析
などをお届けします。

なぜ今? 首相主導の働き方改革