ここから本文です

ヘルスケア界の巨人フィリップスが仕掛けるビッグデータ戦争

Wedge 2016/10/11(火) 11:20配信

 フィリップスというメーカーについて、どのようなイメージをお持ちだろうか? 欧州サッカー好きならば、ユニフォームのメインスポンサー企業のロゴなどで見かけるから、オランダのメーカーということはおなじみだろう。また、B to Bの分野に知見がある人なら医療機器やLEDを、一般コンシューマーならB to Cの分野で電動歯ブラシや回転式シェーバーなどを作るメーカーだということは、漠然とイメージできるかもしれない。

ライティング事業を株式公開した理由

 同社は現在言わずと知れた世界の三本指に数えられるヘルスケアメーカーである。“イノベーション アンド ユー”というコーポレートスローガンを元に、時代に合わせて、人々が有する不満や課題をテクノロジーの力で解決してきた。そのルーツは1891年に遡る。オランダはアイントホーフェンで、白熱電球の量産などからスタートし、その後さまざまな分野へと業態を広げ、現在は特にヘルスケア市場に傾注している。

 そのルーツを引き継いでいるはずのライティング事業をこの5月に新規株式公開した。1891年から同社を牽引し、世界ナンバー1のシェアを持つまで押し上げた事業にも関わらず、だ。この意味するところはなんなのか? 一言で言えば、ヘルスケア事業で世界を穫るための覚悟の表れである。今後、より大きなイノベーションが重要で、より大きな収益が見込めるヘルスケア事業に資本を集中的に投下し、次世代へとビジネスを橋渡しするための決断であった。

 この8月にアイントホーフェン市街地にある同社のミュージアムを訪れた。そこには1891年からの125年の軌跡がすべて収められ、時代に応じてイノベーションを巻き起こしたさまざまなプロダクトが所狭しと並んでいた。だが、この5月にオープンしたばかりだという同社の創立125年を記念したスペースを見て驚愕した。メーカーのミュージアムにも関わらず、いわゆるプロダクトであるハードウェアがひとつも並んでいなかったからだ。

 時代は変わった。猫も杓子もビッグデータである。グローバルスタンダードでトップを目指す企業は、消費者ニーズからダイレクトに集金するプラットフォーム作りに躍起になっている。特に米国系の企業のこの方向への動きは著しい。AppleはスマートフォンやiTunes、iCloudなどを軸に、googleはインターネット検索という情報取得を軸に、Amazonはインターネット上での小売りを軸に、それぞれエコシステムを形成。各分野のビッグデータを集約するプラットフォームを構築し、各界のナンバー1の座を確立している。

1/4ページ

最終更新:2016/10/21(金) 18:40

Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2017年2月号
1月20日発売

定価500円(税込)

■特集 トランプに賭けた未来
・トランプ・ショック震源地をゆく
・米国製造業復活の鍵を握る日本人
・利益相反が懸念されるトランプ政権