ここから本文です

【2016年ドラフト候補】東京ガス・山岡、“運の悪さ”が一番の成長の原動力

ベースボールチャンネル 10/11(火) 11:40配信

高校時代、ダルビッシュも絶賛

 10月20日のドラフト会議で1位指名はもちろん、複数球団の競合も濃厚と目される山岡泰輔(東京ガス)は、3日に横浜スタジアムで実施された、クライマックスシリーズを控えた横浜DeNAとの練習試合に先発。ストレートで詰まらせたり、スライダーで泳がせるシーンも見られたが、11安打5失点とのプロの実力を見せつけられ、目途の5回に届かず、3回でマウンドを降りた。

2016年プロ野球志望届提出した大学生選手一覧

 注目されてプロ入りし、期待に違わぬ活躍を見せる選手というのは、総合力の高さ、あるいは特筆すべき一芸に加え、運や巡り合わせにも恵まれているものだ。山岡もクレバーな投球術をはじめ、プロでも第一線を張るであろう要素はいくつも備えている。ただ、運や巡り合わせからは、そっぽを向かれているという印象が強かった。

 相手打者の打ち気を逸らす投球や精密なコントロールは、瀬戸内高で出会った投手コーチの指導で身につけた。徹底した投げ込みで養ったスタミナも考えれば、野球どころの広島県とはいえ、3年間は山岡のものになっても不思議ではない。しかし、広島新庄高の左腕・田口麗斗が山岡の前に立ちはだかり、甲子園のマウンドに立てたのは3年夏だけ。しかも、初戦(二回戦)で明徳義塾高に当たり、1-2で惜敗する。

 それでも、ダルビッシュ有(現テキサス・レンジャーズ)がツイッターで絶賛した投球で、18Uワールドカップに出場する高校日本代表に選出される。ただ、山岡の大きな魅力のひとつはゲームを作る能力なのだが、高校日本代表では松井裕樹や安樂智大(ともに現・東北楽天)、田口もいたためにリリーフにまわる。その際、プロでも大成するためにはさらなる成長が必要だと感じ、卒業後は東京ガスへ入社。期待通りに即戦力となり、エースに成熟した今夏の都市対抗は優勝候補に挙げられるも、組み合わせでは日程の厳しいブロックに入り、惜しくも山岡が先発しなかった準決勝で敗れてしまう。

ドラフトは単独指名か、抽選か?

「高校時代に田口がいなければ。甲子園で違う高校に当たっていれば。高校日本代表で先発の筆頭を担っていたら。都市対抗で優位な日程だったら……」

 そんな話を向けても、山岡は「仕方ないですよ」と苦笑するだけだったが、どこかで山岡を取り巻く運命の風向きが変わらないものかと考えたりした。だが、横浜DeNAの打線に、社会人の3年間ではなかったほど打ち込まれる姿を見た時、これまでの“運の悪さ”が山岡を成長させる一番の原動力だったのだとわかった。

 田口に勝たなければならなかったからこそ、1点も与えない粘り強さが養われた。大舞台で明徳義塾高と対戦し、チームや選手の経験値が持つ意味を理解した。高校日本代表で松井らと出会ったことで、自分に必要な時間を認識することができた。そうして進んだ社会人野球では、一発勝負の緊張感の中ですべてのスキルが磨かれた。横浜DeNAとの対戦にしても、大勝負を控えて充実した一軍の打線の迫力を、プロ入り前に体験できる機会はそうない。そうやって考えれば、山岡はプロで活躍するのに必要な課題を、段階を踏みながら誰よりも肌で感じ、吸収してきたと言える。いくつもの逆境に直面し、それを乗り越えてきたことが山岡の一番の魅力なのだ。

 運命の日まで10日を切った。3年にわたって対話をしていて、山岡には意中の球団があるのがわかる。そして、その球団の一員となることが、自分を最大限に生かす道だと考えているようだ。では、これまで運をほとんど使ってこなかった分、ドラフトでは最高の結果に笑顔を見せるのか。それとも、ドラフトでも意外な球団が交渉権を獲得し、また逆境をバネに力をつけていくのか。

 いずれにしても、山岡は社会人野球の卒業証書を首席で手にしたと言っていい。プロでの活躍も大いに期待したい。


横尾弘一

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:10/11(火) 11:40

ベースボールチャンネル