ここから本文です

豪州代表のエース、日本戦での得点に自信「対アジアでは多くのゴール決めている」

フットボールチャンネル 10/11(火) 7:20配信

 36歳のオーストラリア代表FWティム・ケーヒルが、11日に行われる日本戦に向けて意気込みを語った。10日に英メディア『ザ・ナショナル』が報じている。

【日本代表vsオーストラリア代表】過去5戦の対戦成績

 6日に行われたイラク戦では、後半アディショナルタイムに山口蛍が劇的ゴールを決めて2-1の勝利をおさめた日本代表。しかし、オーストラリア戦はさらに激戦となることが予想される。その相手チームのエースであるケーヒルが日本戦に向けて意気込みを語った。

「僕たちは日本戦に向けた準備ができているし、それを楽しみにしている。先発出場するかどうかはわからないが、戦う準備はできているよ。サウジアラビア戦は5分の出場だったが、僕はアジアのチームに対して多くのゴールを決めているし、素晴らしい思い出ばかりだ」

 サウジアラビア戦では5分の出場にとどまったケーヒル。チームも2-2の引き分けに終わり2位のサウジアラビアと勝ち点1を分け合った。オーストラリアとしても勝ち点1差で追ってくる日本との対戦は重要な一戦となるだけに、ケーヒルを先発起用してくる可能性もありそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:10/11(火) 7:28

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。