ここから本文です

『オーバー・フェンス』のオダギリジョー、女を病ませるのは、こういう男 [with]

講談社 JOSEISHI.NET 10/11(火) 18:00配信

『オーバー・フェンス』は、離婚し会社も辞めて無為な日々を送る中年男・白岩と、エキセントリックなキャバクラ嬢、聡(さとし)という、どこか行き詰まった二人の、だからこそややこしい恋愛を描いた物語。人間って、他人が見たら大したことないような理由で「行き詰まった感」にさいなまれることがあり、それでいて特別何が変わったわけでもないのに、ポン、とそれを乗り越えられることがありますよね。『オーバー・フェンス』はまさにそんな話です。

そんなわけで映画の中で何かすごい事件が起こるわけではないのですが、全然退屈しないのは、キャラクターが面白く、「それ、わかるなあ」という瞬間がたくさんあり、演じる俳優さんがすごく上手いから。

特に蒼井優演じる聡が「“他人目を気にする”って言葉を知らないんだろうか?」と思うほど感情のまんまで、ゆえに非常に困った人ではあるものの、「わかるわかる、こういう状況だと女は叫びだしたくなるもんなんだよね」と、妙に共感したりもします。でもって彼女の感情をかきむしるのが、オダギリジョー演じる白岩です。

失業中の白岩は職業訓練校に通っていて、そこがあまりにヘンテコな人ばっかりなので一見「穏やかな常識人」に見えるのですが、その優しさは実のところ「無関心」とか「諦め」の産物だったりします。要するに深く関わる気がないから誰にでも優しくできるわけで、さらにそのことに本人が無自覚なので、ちょっと始末に負えないところがあります。

その、言ってみればとんちんかんな優しさは、女を中途半端に喜ばせ期待させてしまう分だけ、最初から最後まで冷たい男よりも、より深く女を傷つけ病ませてしまいます。こういう男マジで厄介――と思いながら見るのですが、この映画のオダギリジョーがここ数年で最高、惚れ直すほどのステキさ。つまり何よりも厄介なのは、こういう男ってほんとに、素敵に見えちゃうことなんですよねえ。

『オーバー・フェンス』テアトル新宿ほか全国公開中!

監督:山下敦弘

出演:オダギリジョー 蒼井優 松田翔太 北村有起哉 満島真之介 松澤 匠 鈴木常吉 優香



文:渥美志保

最終更新:10/11(火) 18:00

講談社 JOSEISHI.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。