ここから本文です

乃木坂46 中元日芽香を継ぐMCアシスタントに4人が立候補 秋元真夏「かわいいのは私なんですよ」

リアルサウンド 10/11(火) 12:00配信

 およそ3カ月ぶりに再編され、放送がスタートした『NOGIBINGO!7』(日本テレビ)。10月11日の初回放送では、乃木坂46のメンバーの中から、番組アシスタントを決める「第2回アシスタントMCガチンコオーディション」が放送された。

 前番組『NOGIBINGO!6』の第1回放送から新たな試みとして始まった同企画は、番組の司会者イジリー岡田のアシスタントを3回の審査に分けて決めるというもの。今回は、初代アシスタントMCの中元日芽香を受け継ぐ2代目として、衛藤美彩、中田花奈、渡辺みり愛、秋元真夏が立候補者として登場した。

 それぞれの立候補者に5名前後の支援者がいるなか、秋元の支援者は相楽伊織の1名。相楽が秋元にエールを送ると、イジリー岡田から「本心でそこにいる?  無理やりやらされてるのかと思ったけど」との発言が飛び出すが、秋元は「違いますよ」と、相楽とともに真っ向から否定した。

 はじめに各候補者が、マニフェストを発表する企画を実施。衛藤が「収録は絶対に押しません」を掲げると、候補者の中で唯一2期生の渡辺は「2期生の才能を開花させます」と宣言した。続いて、候補者メンバー同士による「ガチンコテレビ討論会」のコーナーに移ると、「私がアシスタントにふさわしい理由」についての討論がスタート。衛藤は、他番組でMCを務めたこともあり、経験値が多いことをふさわしい理由として提案。すると中田が「確かに衛藤さんは経験値が多い。しかしバラエティーは完璧にこなすほど面白くない」と反論し、渡辺も「意外性がないというか、つまらない番組になってしまう可能性がある」と発言。さらに渡辺は「今年で何歳ですか」と尋ね、衛藤が「24歳です」と答えると、「年齢的にもつまらない番組になってしまう」と発言。思わず鋭いセリフに会場も驚いていた。

 MCアシスタントの“MC”は、「マスターオブセレモニー」の略称であることに触れた秋元は「『NOGIBINGO』の世界では違う略があるんですよ。それが『真夏はキュート』なアシスタントです」と発言。すると渡辺の支援者である川後陽菜が「みり愛キュートアシスタントでもいけます」とツッコみ、衛藤の支援者・中元も「美彩キュートアシスタントもです」と続けて発言。すると秋元は「顔見ていただいたら分かる通り、かわいいのは私なんですよ」と反論し、渡辺と衛藤の表情が一変していた。

 最終審査では西野七瀬が連れてきたイグアナに餌を与えることができた人物が、アシスタントMCに就任することに。衛藤が無事クリアし「最後までみんなで頑張ります」と語り、番組を締めくくった。

 番組終盤、メンバーがパジャマ姿でオンエアを振り返る「NOGIROOM」のコーナーでは、川後陽菜、伊藤かりん、中元日芽香、衛藤美彩、寺田蘭世、和田まあやの6人がパジャマ姿になって番組を振り返るトークが行なわれた。huluと日テレオンデマンドでは、同コーナーの未公開分が配信されている。

 次週は、ウーマンラッシュアワーの村本大輔が番組に登場する予定だ。

向原康太

最終更新:10/11(火) 12:00

リアルサウンド