ここから本文です

主将モントリーボを失ったミラン、チェルシーで不遇のセスク獲得に照準か

フットボールチャンネル 10/11(火) 9:00配信

 ミランは、代表戦で負傷し、半年の離脱が予想される主将リッカルド・モントリーボの穴を埋めるべく、チェルシーのMFセスク・ファブレガスの獲得に動きそうだ。9日、イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』などが報じている。

【動画】本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介

 スペイン代表との一戦で左ひざ前十字靭帯断裂という大ケガを負ってしまい、少なくとも半年間の離脱が見込まれるモントリーボの代役を探すミランは、チェルシーでここまでリーグ戦でのプレー時間がわずか87分と、控えに甘んじているセスクに照準を絞るようだ。

 リーダー不在となった中盤の穴埋め役を探すミランと、アントニオ・コンテ新監督体制のもとで出場機会を失い、スペイン代表からも外され、プレー機会を増やしたいセスクの思惑は一致するということだ。

 しかし、移籍市場でのセスクの人気は高く、先日にはライバルのユベントスやインテルも同選手に興味を示していると報じられていた。同紙はそうしたオプションとして、フィオレンティーナでプレーするクロアチア代表のMFミラン・バデリの名前も挙がっていることを付け加えている。

フットボールチャンネル

最終更新:10/11(火) 9:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革