ここから本文です

派手すぎ?老け見え?大人の「アニマル盛り」のお作法

集英社ハピプラニュース 10/11(火) 20:30配信

ともすればやり過ぎてしまったり、妙に貫禄が出すぎてしまったり。大人がちょうど良いバランスで楽しむ最新の取り入れ方を教えます!

他の写真をチェック

【(1)「靴でアニマル」なら誰でも失敗なし!】

あれこれ着こなしに悩まずとも、簡単にアニマル柄を取り入れられるのが「靴」。顔から離れているので強い印象になりすぎず、柄の”今の気分”だけを気軽にまとえちゃうんです。

パンツやシャツなど着こなしがクールめなときは、バレエシューズなどのフラット靴タイプを選ぶのも手。アニマル柄をほどよくフェミニンに中和してくれます♪

シャツ&デニムの着こなしにヒールのレオパード柄シューズをプラス。トレンド感のある女らしさが加わって、コーディネートがぐっと引き締まる。シンプル&カジュアル着こなしにアニマル柄をひと盛り、は成功しやすい鉄板セオリー。靴ならさらに気負わず簡単!

ネイビーのブラウスと黒いプリーツスカート、ダークトーンの足元に1点だけアニマル柄を効かせて。プリーツスカートの品のある装いに、アニマル柄を足すことで一気に今年らしい華やぎが。無難なフェミニンスタイルから抜け出して「媚びない女らしさ」のあるワンランク上の着こなしにシフト!

【(2)シンプル服に1点足しが正解!「小物でアニマル」】

この秋はバングルやバッグ、スカーフなど靴以外の小物もアニマル柄の当たり年! とはいえ、合わせる服やバランスによっては「それってアリ!?」とつっこまれかねないのも事実。リブニットやシャツとカーディガンなど、いつものシンプル服に、「小面積で1点だけ足す」を徹底して守って。この秋らしい「盛る楽しさ」を味わえるアニマル小物は、女子会でもほめられ間違いなし!

アクセサリー感覚で持ちこなしたい、ゴールドチェーンのショルダーバッグ。フラップ部分のみアニマル柄があしらわれているので、派手すぎず着こなしから浮かない。

おなじみ、大人気の「メゾンボワネ」にもポニースキンの秋冬らしいアニマル柄が登場! 黒やグレー、ボルドーなどのシンプルニットに合わせれば途端に今の顔に。今季は長めのニット袖の上からバングルをオンするのも素敵です♪


いかがでしたか? 即席で今っぽいスパイスを取り入れられるアニマル柄。大人のバランスで、効果的に楽しんじゃいましょ!

靴 14800円/エヌディーシージャパン(タビタ)
撮影/坂田幸一

最終更新:10/11(火) 20:30

集英社ハピプラニュース