ここから本文です

ドルトムントの19歳新星が今夏バルサ移籍を固辞した理由 「毎週日曜日に主役となるなら…」

Football ZONE web 10/11(火) 16:23配信

「いつか僕はバルサでプレーする」とデンベレが“心のクラブ”を明かす

 ドルトムントの19歳の新星FWウスマン・デンベレは、今季フランス1部のレンヌから複数クラブが獲得に動くなかでドイツ強豪への移籍を決めたが、スペインの名門バルセロナ行きを熱望しながら固辞した理由を明らかにしている。スペイン地元紙「ムンド・デポルティーボ」が報じた。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 デンベレは昨年秋にレンヌでトップリーグデビューを果たし、26試合12得点と大爆発。瞬く間にリーグ最優秀新人賞を獲得した。そして熾烈な争奪戦が展開された末に、スピードスターは新天地にドルトムントを選択。オファーを受けながら固辞したクラブの中には、バルセロナも存在した。

 だが、実はバルサこそがデンベレにとって意中のクラブだったようだ。本人は「(バルサ移籍は)今じゃない。なぜなら毎週日曜日に輝ける主役にならなければいけない。でも、いつか、僕はバルサでプレーするだろう」と語ったという。

 8月にフランス代表に初選出された期待の高速ウインガーも、バルサではFWリオネル・メッシ、FWルイス・スアレス、FWネイマールという世界最強3トップ「MSN」の控えに過ぎない。リーグ戦での活躍はおろか、出場機会を手にすることもままならないと判断したという。

日々熾烈な競争も、ドルトムントで台頭

 代わりに、ユルゲン・クロップ前監督時代から若手発掘・育成に定評のあるドルトムントで、確実な出場機会を手にし成長する道を選んだようだ。

 MFマリオ・ゲッツェ、MFマルコ・ロイス、FWアンドレ・シュールレというドイツ代表トリオに加え、日本代表MF香川真司などこちらも攻撃陣には実力者が揃うが、バルサのMSNには勝てなくても、ドイツでは毎週日曜日に主役になれると踏んだのだろう。凄まじいポテンシャルを誇るデンベレは、メンタルの強さも一級品のようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/11(火) 16:23

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革