ここから本文です

岡崎と香川が説く豪州攻略法。存在価値証明し、世代交代に“待った”を

フットボールチャンネル 10/11(火) 10:51配信

 イラク戦のパフォーマンスにより、世代交代の到来と言われた日本代表。だが、当然のことながらまだ“世代間抗争”に決着がついたわけではない。岡崎慎司、香川真司の2人は再び闘志を燃やしている。最終予選の大一番・豪州戦は、彼らの存在価値を示す絶好の機会なのである。(取材・文:元川悦子【メルボルン】)

各グループの上位2チームが本大会出場 W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

岡崎と香川の決意。出場へ強い意欲

 2018年ロシアW杯アジア最終予選B組暫定4位という現状から、本大会切符を手にできる2位以内にいち早く浮上したい日本代表。11日の第4戦・オーストラリア戦(メルボルン)に勝てば日本の勝ち点は9となり、グループ最強と言われる相手を上回ることができる。同日にサウジアラビアとUAEが直接対決することを考えても、日本は理想を言えば勝利、最悪でもドローという結果を残す必要がある。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はドッグランズスタジアムでの前日会見で「何人かの人はまだ日本が一番強いと思っているが、そうではない」と弱気とも取れる発言をしていたが、相手がいくら2015年アジアカップ(オーストラリア)王者であっても、この試合だけは絶対に落とせないのだ。

 大一番を前に、彼らは10日夕方から試合会場で前日調整を行った。6日のイラク戦(埼玉)で左足首捻挫を負い、3日連続練習を回避した岡崎慎司(レスター)がこの日から合流。メディア非公開時の戦術練習も全てこなした模様だ。

「今日もっといい状態で練習するために昨日はやらなかった。80~90%はできるし、僕の場合は多少痛くてもできる」と背番号9をつける点取屋は強行出場を志願しており、オーストラリア戦も再び1トップで先発する可能性が高まった。

 一方で、イラク戦で出番なしに終わったエースナンバー10・香川真司(ドルトムント)もスタメン復帰への強い意欲を抱きつつトレーニングに参加した。

「(オーストラリア戦で)うまく行こうか行かなかろうが、僕たちは90分通してやり続けないといけない。明日は厳しい時間帯が沢山あると思っているし、その中でどれだけ耐えられるかがキーになる。みんながそういう姿勢を持ち続けることが何よりも大事。ここ3試合と違う展開にもなりえるんで、それをしっかりと頭に入れながら頑張りたい」と彼は目をぎらつかせ、闘志をむき出しにしながら語っていた。

1/3ページ

最終更新:10/11(火) 12:18

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。