ここから本文です

気迫十分のハリル采配が的中! 敵地でオーストラリアに先制し歓喜の抱擁

Football ZONE web 10/11(火) 18:31配信

国歌斉唱後には「アレー!」と絶叫

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は、11日のワールドカップ・アジア最終予選第4節のオーストラリア戦に挑んだが、試合開始前からボルテージは最高潮。国歌斉唱終了とともに、「アレー!」と絶叫するハイテンションぶりを見せつけた。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 敵地メルボルンのドックランズ・スタジアムでの国家斉唱で、日本国歌の演奏が終わると手を大きく広げて「アレー!(フランス語で行け)」と絶叫した。

 指揮官は最終予選の大一番で勝負に出た。DF長友佑都(インテル)が脳震盪で故障し、FW岡崎慎司(レスター)が左足首の故障でオーストラリア入り後に練習を離脱するなどトラブルが相次ぐなか、6日のイラク戦(2-1)からスタメンを4人変更。ACミランの日本代表FW本田圭佑をハリル体制初となる1トップで先発起用した。そのギャンブルは、前半5分にゴールという成果を導き出した。

 中盤でボール奪取に成功しカウンターを発動させると、最後は本田の絶妙なスルーパスからMF原口元気(ヘルタ・ベルリン)が独走。GKとの1対1を制し、3試合連続ゴールを奪って見事に先制に成功した。敵地での最高のスタートに安堵の表情を浮かべたハリル監督は、ベンチ前で選手、コーチングスタッフと歓喜の抱擁を交わした。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/11(火) 18:31

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。