ここから本文です

「失敗する余裕はない。残り試合も勝つのみ」ポルトガル代表監督、完勝するも危機感

フットボールチャンネル 10/11(火) 12:20配信

 現地時間10日に2018年ロシアW杯欧州予選が行われ、ポルトガル代表はフェロー諸島代表と対戦し6-0の勝利をおさめた。しかし、ポルトガル代表を率いるフェルナンド・サントス監督は危機感を強めていると、10日に英メディア『フォー・フォー・トゥ』が報じている。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

  試合開始して12分に20歳のアンドレ・シルバが先制点を決めると、22分にもシルバが追加点。そして37分には味方の放ったシュートが相手GKに弾かれ、そのこぼれ玉に詰めたシルバが3点目を決めた。

 シルバがハットトリックを達成した後、クリスティアーノ・ロナウドやジョアン・モウティーニョ、ジョアン・カンセロが追加点を決めてフェロー諸島を突き放す。結局、ポルトガルは大量ゴールにより6-0の勝利をおさめ勝ち点を6にした。ただ、グループ首位のスイス代表もアンドラ代表に勝利したため勝ち点差は縮まっていない。

 この状況についてサントス監督は「失敗できるほど大きな余裕ない。我々は残りの試合も勝つしかないんだ。他のチームは多くの場合ポイントを失うことがない。我々がポイントを失えば、我々のチームが最初に終了してしまうだろう」と語り、危機感を強めている。

フットボールチャンネル

最終更新:10/11(火) 12:22

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。