ここから本文です

規律違反の伊代表FW除外、伊会長が言及「思慮深く考えた結果。一時的であり決定ではない」

フットボールチャンネル 10/11(火) 12:40配信

 イタリアサッカー協会(FIGC)のカルロ・タベッキオ会長が、規律違反により所属クラブの山東魯能に強制送還された31歳のイタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレについて言及した。10日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

【写真】有名選手の美人パートナーやガールフレンド…欧州美女特集

 現地時間6日に2018年ロシアW杯欧州予選が行われ、イタリア代表はスペイン代表と対戦した。この試合に先発出場したペッレは印象に残るようなパフォーマンスを披露できず、60分にFWチーロ・インモービレと交代している。

 ただ、この交代に納得いかなかったのか、同選手は交代した後に手を差しのべたジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督との握手を拒否していた。その後、規律違反とみなしたイタリアサッカー協会が同選手を代表メンバーから外し、現地時間9日のマケドニア戦を同選手抜きで戦っている。

 タベッキオ会長はこれについて「ペッレの除外は一時的であり決定ではない。これは思慮深く考えた結果だ。彼の行為はテレビを通じて世界中に知れ渡った。私の意見としては、このようにしなければ示しがつかないと思ったんだ」と語り、除外した経緯について説明している。

フットボールチャンネル

最終更新:10/11(火) 12:44

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。