ここから本文です

ハリル監督、ドロー決着に悔しさ「本田のパフォーマンスがもっと良ければ」

フットボールチャンネル 10/11(火) 20:15配信

【日本 1-1 オーストラリア 2018年ロシアW杯最終予選】

 日本代表は11日、ロシアW杯アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦し、1-1の引き分けに終わった。

各グループの上位2チームが本大会出場 W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

 先制しながらPKを与え、ドロー決着となった。試合後、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「勝ち点1を得たというより、勝ち点2を失った。このようなファウルはしてはいけない」と振り返った。恐らく、PK献上の場面を指していると思われる。

 チームの戦いについては「しっかりオーガナイズして、オーストラリアにチャンス作らせなかった。2、3回得点を取るチャンスがあった」と評価。そして「選手は素晴らしい試合をした。タクティクをしっかり管理してくれた。もう少しフレッシュさ、スピードあれば勝てたかなと思う」と悔しさをのぞかせた。

 本田圭佑の1トップ起用に関しては「少しタクティクでサプライズを起こそうと」と話し、「本田のパフォーマンスがもっと良ければ、この試合は勝てたと思う」とエースに注文をつけた。

 次はサウジアラビアと対戦することになるが、「まずはこの試合をしっかり分析する」と話すにとどめた。

フットボールチャンネル

最終更新:10/11(火) 22:47

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。