ここから本文です

原口、勝ち点2を失い肩落とす「いい試合をしていたので責任感じる」

フットボールチャンネル 10/11(火) 20:27配信

【日本 1-1 オーストラリア 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は11日、ロシアW杯アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦し、1-1の引き分けに終わった。

各グループの上位2チームが本大会出場 W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

 原口元気は先制点を挙げ、3試合連続ゴールとしたが、後半にファウルでPKを与えてしまった。「チームとして非常にいい試合をしていたので責任を感じる」と話した。特に前半はチームとしての形を表現できており、「狙っていた形というか、何度も何度も監督から言われていた形が綺麗に出た」と言う。しかし、表情は暗い。

「試合を見てもらえればわかるように、全員がハードワークしていた。勝利のためにみんなが頑張っていたので申し訳ない」

 それでも、「こういう試合をできて、なおかつああいうミスがなければ必ず勝ち点3を取り続けられると思う」と手応えは得た様子。「それぞれがいいコンディションを保って、もう一回勝ち点3を取れるよう準備したい」と前を向いた。

フットボールチャンネル

最終更新:10/11(火) 20:33

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。