ここから本文です

ハリル監督、本田の出場機会減を憂慮も信頼強調「凄く重要な存在」

フットボールチャンネル 10/11(火) 22:29配信

【日本 1-1 オーストラリア 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は11日、ロシアW杯アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦し、1-1の引き分けに終わった。

各グループの上位2チームが本大会出場 W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

 原口元気の先制点をアシストしたのは、本田圭佑だった。これまでの右SHではなく1トップでの出場だったが、ボールを収め、味方をうまく使うことでチームの攻撃を引っ張った。

 しかし、地元メディアからは本田にシャープさがあまり見られないという質問が飛んだ。これについてヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「我々のチームにとって本田はもの凄く重要な存在。より多くの得点を取り、より多くのパスを出している。今日は皆が驚くようなサプライズをしたが、これが上手くいきかけた」と話している。

『上手くいきかけた』ということは、パーフェクトではなかったという意味だが、指揮官は本田のミランでの現状を嘆く。

「知らなければいけないのは、本田はクラブでのプレー回数が少ないということ。フィジカルパフォーマンスについては楽観視はできない。もし本田がフィジカル的にトップパフォーマンスであれば、今日は違う結果が生まれたのではないか」

 クラブで出場機会に恵まれていない中でも、背番号4はハリルジャパンの大黒柱だ。指揮官の信頼も揺らいでおらず、奮起を促している。

「試合でプレーしていないとハイレベルにいけない。ただ、彼に代わる選手がいるでしょうか。彼の今日のプレーには満足しています。(味方に)得点を取らせることができた。次の合宿ではさらにフィジカル的に良くなって来てほしい」

 またハリルホジッチ監督は、オーストラリアについて「しっかり準備はできていた。試合もほとんど見て、相手のことは全部知っていた」と胸を張る。特に「左SBはFWにもなる。ボールなしで上がってくる活動量はすごい。左サイドの上下を全部カバーできる素晴らしい選手」と、ブラッド・スミスを高く評価。「この選手を守る準備をしてきた」と指揮官は話すも、PKに繋がるクロスを送ったのはこの選手だった。最終的に軽率なファウルでPKを与えることになったが、フリーで折り返すシチュエーションを作られたことは反省材料だろう。

 イラク、オーストラリアとの2連戦は1勝1分。「何人かの選手は試合数が足りない中での試合で、特に1試合目は難しい」とベストな状態で試合を迎えることの難しさを述べたハリルホジッチ監督。それでも「(2戦で)勝ち点4は満足すべきかと。チャンスの数を考えると今日は勝ちに値したのではないかな、とも思う」と上積みしたポイントに納得の表情を見せた。

(取材:植田路生、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

最終更新:10/11(火) 22:33

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。