ここから本文です

フェイスブック、VRで「ソーシャル新時代」創出 260億円を追加投資

Forbes JAPAN 10/11(火) 12:10配信

フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグはバーチャルリアリティ(VR)こそが、コミュニーケーションの新大陸であることに自信を深めている。

ザッカーバーグが公開したVRの動画

10月6日、米カリフォルニア州サンノゼで開催の「オキュラス・コネクト」カンファレンスの場で、フェイスブック社はVR関連事業に新たに2億5,000万ドル(約260億円)の投資を行なうと表明。VRの早期普及に向け、ゲームやエンタメ等のコンテンツの創出を活性化していくと述べた。

フェイスブックはオキュラスのコンテンツ開発支援のため、既に2億5,000万ドルを投じてきたが、追加で同額の支援を確約した。このうち1,000万ドル(約10億円)はVRを活用した教育ソフトの開発支援に充てられる。

「100万人以上の人々が既にVR製品を利用しています」とザッカーバーグは述べた。フェイスブックにアップされた360度動画は既にサムスンのGear VR等のデバイスで体験可能になっている。

「VRの普及は予想以上のスピードで拡大しています。優れたソフト開発こそが次のステップとして求められています」

同社は現状のオキュラスリフトのようにPCに接続せずとも単独で動作する、手頃な価格のVRヘッドセットの開発を進めている。ザッカーバーグは「まだ完成したプロダクトではない」としつつも、バーチャル空間で仲間らとコミュニーケーションをとるデモを披露した。

VRでソーシャル体験を拡大

「ハードウェアのイノベーションと次世代のソフトウェアの組み合わせにより、このような体験が可能になります」と、デモを披露したザッカーバーグは述べた。

オキュラス関連事業では半導体メーカーのNVIDIAやAMDと共同で、VR向けの廉価なPCの開発も進めている。年内には199ドルのハンドコントローラー「タッチ」の出荷を開始するほか、音質に優れた49ドルの新型イヤホンも披露した。

さらに、VR空間でユーザーをナビゲートするブラウザ「Carmel」や、ユーザーの動きを模倣し、人間そっくりの表情表現が可能な「オキュラスアバター」等の新技術も披露した。同社はVRでのライブストリーミングに用いる新ツールの発表も計画中だ。

1/2ページ

最終更新:10/11(火) 12:10

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。