ここから本文です

サムスンの苦境はアップルの好機 株価は今年最高水準に

Forbes JAPAN 10/11(火) 13:21配信

10月10日、アップルの株価は2%近い上昇となり、年初来高値を更新した。iPhone 7のローンチがほぼ成功との見方が流れる一方、競合のサムスンはGalaxy Note 7のリコール問題を受け、株価が下落した。



アップル株は116ドル以上に上昇し、2015年12月8日以来の高値水準に達した。ここ5ヶ月の上昇率は28%となっており、株主らはこの夏の成果を受け取った形だ。今年5月13日の時点で、アップル株はわずか90.52ドルで取り引きされていた。

ここ数ヶ月の値動きはiPhone 6S/6S Plusに続き、同社が次世代の成長エンジンとして望みをかけたiPhone 7/7 Plusのリリースの流れに呼応している。売上データはいまだ未公開だが、業界筋の見方では堅調な実績が予測されている。マーケティング企業Fiksuのデータによると、最新バージョンのiOSは過去最も速いペースで普及が進んでいる。

一方、アップルの最大のライバルであるサムスンはGalaxy Note 7の深刻なトラブルに直面している。Note 7はリコール後、顧客らに交換端末が与えられたが、交換後のデバイスがまた爆発したとの報告が複数あがった。通信キャリアの多くはNote 7の販売を停止した。当然ながらサムスンの株価は値下がりし、10月10日の日中取引で1.5%の下落となった。

サムスンの苦境は他のアンドロイド端末メーカーらの好機だ。また、アップルがさらにiPhoneの売上を伸ばすことにつながり、同社の株主にとっては良い報せと言えるかもしれない。

Brian Solomon

最終更新:10/11(火) 13:21

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。