ここから本文です

【豪州戦|予想布陣&プレビュー】“CF本田”復活か!? 香川&清武の「共存」の可能性も

SOCCER DIGEST Web 10/11(火) 7:22配信

両SBは、右に酒井高、左に槙野と予想。

 ロシア・ワールドカップ出場を懸けて、日本代表は10月11日、アジア最終予選・第4節のオーストラリア戦に挑む(@ドックランズ・スタジアム/メルボルン。現地時間20時キックオフ)。
 
 日本は予選3試合を終え、2勝1敗(勝点6)の成績でグループ4位。対するオーストラリアは2勝1分(勝点7)の無敗で首位に立つ。両者の置かれている立場は異なるが、勝点差で考えれば、その差はわずか1。他国の結果次第ではあるが、今回の対戦を制すれば、日本が首位に躍り出る可能性は大いにある。
 
 ただし、大一番に向けて、ハリルジャパンには少なからず不安要素がある。まず周知のとおり、累積警告でオーストラリア戦は欠場する酒井宏樹に加え、練習中の負傷で長友佑都も途中離脱を余儀なくされるアクシデントに見舞われた。
 
 さらに、イラク戦で左足首を痛めた岡崎慎司は、9日の練習はホテルで別調整に。冒頭15分だけ公開された10日の前日練習では元気な姿を見せたが、ベストコンディションでないのは明らかだろう。
 
 戦力的に不安を抱えるなか、イラク戦でのパフォーマンスも踏まえ、オーストラリアとの決戦で、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はいかなるチョイスをするのか。
 
 まずGKは、西川周作の一択だ。前々回のタイ戦に続き、前回のイラク戦でも、失点してもおかしくないピンチをビッグセーブで切り抜けた。ハイボールの処理は相変わらず安定感があり、好調をキープしている。
 
 最終ラインは、吉田麻也と森重真人のセンターバック・コンビは継続されるとして、懸案事項でもある両サイドバックは、右に酒井高徳、左に槙野智章が入るだろう。
 
 右サイドバックは、レギュラーを張っていた酒井宏に加え、左右をハイレベルでこなす長友もいない。一気に手薄となったこのポジションには、これまでは左サイドバックでプレーしていたが、長友同様、右でも左でも遜色なくこなせる酒井高をコンバートさせるのが最善策だろう。
 
 空いた左サイドバックには、クロスを武器とする太田宏介が控えるが、オーストラリアの高さ対策としては槙野が適任か。槙野は6月に行なわれたキリンカップのボスニア・ヘルツェゴビナ戦で、途中出場ながら左SBで起用されている。問題はないだろう。

【PHOTO】フットボーラーの「美人すぎる」妻&恋人たち

1/3ページ

最終更新:10/11(火) 17:24

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。