ここから本文です

【日本代表】怪我明けの岡崎慎司が伝授する“脱・シリアス”のススメ

SOCCER DIGEST Web 10/11(火) 7:30配信

「余裕がなかったら、勝てるものも勝てない」。

 10月6日のイラク戦で左足首を痛め、別メニューが続いていた岡崎慎司だが、オーストラリア戦の前日練習では、元気な姿をピッチ上で見せていた。
 
 トレーニング後の取材対応で怪我の状態を聞かれると、「大丈夫です」と即答。同9日はホテルでの調整だったが、「やろうと思えばできたけど、今日(の練習のため)に力を溜めて、という感じで」と、準備を進めてきた。
 
 オーストラリアとの重要な一戦を前にしても、経験者らしく冷静だ。
 
「ワールドカップに行くためには大事な試合。だからといって、そこで燃え尽きるようなことがあってはダメ。気持ちに余裕を持ちつつ、万が一、そこでなにかあったとしても、別に予選が終わるわけではない」
 
 目先のことだけにとらわれず、良い意味で肩の力を抜いて試合に臨む。結局はそういう姿勢が勝利への近道だと知っているからだろう。
 
「個人的には、そこまでシリアスにならなくてもいいというか。緊張感は必要だけど、余裕がなかったら、勝てるものも勝てない。そういう意味では、全員で良い雰囲気のまま試合に臨めたらなと思います」
 
 先発で出るかはまだ微妙だが、地に足のついた岡崎の考え方やその姿が、チームに落ち着きをもたらし、良い方向へと導いてくれそうだ。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【日本 2-1 イラク|PHOTOギャラリー】山口の劇的弾で苦しみながらも勝利を掴む!

最終更新:10/11(火) 10:35

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。