ここから本文です

【浦和】阿部勇樹が遠藤保仁の“キック”で肋骨を骨折。ルヴァン杯決勝は「大丈夫」

SOCCER DIGEST Web 10/11(火) 15:12配信

ルヴァン杯準決勝第1戦はフル出場。その後、精密検査で骨折が判明したものの、9日の第2戦はベンチ入り。

 浦和レッズの阿部勇樹が10月1日のリーグ戦のG大阪戦で、遠藤保仁との接触の際に肋骨を骨折していたことが判明した。
 
 問題のシーンを改めて振り返ると、遠藤のスパイクが倒れた阿部に入っていたように見える。その試合後に脇腹に痛みを訴えていた阿部だが、5日のルヴァンカップ準決勝・FC東京戦の第1戦にはフル出場し、2-1の勝利に貢献。ただスタッフに促されて試合後に精密検査を受けた結果、肋骨にヒビが入っていることが分かった。
 
 それでもプレーには問題ないとして、9日の準決勝第、FC東京戦の第2戦にもベンチ入り。なにかあればピッチに立つ準備はしていた(浦和が3-1で勝利)。11日の練習も別メニューで調整。それでも阿部は「最初は痛かったが、もう大丈夫だと思う。アドレナリンも出ているしね」と話していた。

【浦和優勝の舞台裏】叩きのめされた元日のロッカー。指揮官が漏らした“弱音”に選手は奮い立った

 満を持して、15日、埼玉スタジアムでのルヴァンカップ決勝の舞台に立つ覚悟だ。
 

 
取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)
 

最終更新:10/17(月) 12:47

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。