ここから本文です

【日本代表】本田圭佑は久々のCFで1アシストも「正直悔しい」とドローを惜しむ

SOCCER DIGEST Web 10/11(火) 20:32配信

「足だけは引っ張らないように」(本田)

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本1-1オーストラリア/10月11日/メルボルン
 
 5分、本田圭佑のスルーパスから原口元気が決めて先制した日本は、52分にジェディナクにPKを決められ、結局、試合は1-1で終了。ロシア・ワールドカップ最終予選3連勝はお預けとなった。
 
 この日も10月6日のイラク戦と同様に先制しながらも、追いつかれてしまった日本。試合前には「決勝のつもりで戦う」と語った本田は試合後のインタビューで、「先制点を取って試合運びは計算通りだったので、正直悔しいですね」と悔しさを滲ませた。
 
 また、岡崎慎司の負傷により、普段の右ウイングではなくCFで起用されたことについては、以下のように振り返っている。
 
「僕だけがいつもと違うポジションだったので、自分の良さをしっかり活かそうというところと、6年ぶりぐらいにやるポジションなので、足だけを引っ張らないようにしようと意識していた」
 
 5分の原口の得点をアシストした本田は、「あの形は良かった。ああいう攻撃を多く作り出せればよかったんじゃないか」と先制点の場面を振り返った。
 
 後半に入ってからは相手の猛攻にさらされ、押し込まれる展開が続いたことについては、「忍耐強く最後までチームとして戦うということが勝点1に繋がったと思っている。今日は相手のほうが優れていたということで、勝点1で良しとしたい」と冷静に分析した。

【オーストラリア 1-1 日本|PHOTOギャラリー】原口の3戦連発弾で先制するもPKで悔しい引き分け…


 

最終更新:10/11(火) 22:15

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。