ここから本文です

【速報】豪州 1-1 日本|ハリルジャパン、アウェーで追いつかれてのドロー。原口が1ゴール&PK献上

SOCCER DIGEST Web 10/11(火) 19:54配信

本田のパスに原口が抜け出し、左足で決める。

[ロシアW杯アジア最終予選] 豪州 - 日本/10月11日/豪・メルボルン

 ロシアワールドカップ・アジア最終予選のオーストラリア対日本が、オーストラリアのメルボルン・ドックランズスタジアムで18時にキックオフされた。

【オーストラリア 1-1 日本|PHOTOギャラリー】#原口の3戦連発弾で先制するもPKで悔しい引き分け…

 日本のスターティングメンバーは、GKに西川周作、DFは右から酒井高徳、吉田麻也、森重真人、左サイドには槙野智章が入った。 中盤はボランチに長谷部誠とイラク戦で劇的な決勝弾を放った山口蛍。トップ下には、香川真司が復帰した。FWも顔ぶれが変わり、右サイドに小林悠が起用され、1トップに負傷を伝えられた岡崎慎司に代えて本田圭佑。左サイドにはイラク戦同様、原口元気が入った。

 5分、日本は香川のクロスから小林が合わせ最初のチャンスを作ると、その直後、日本は早くも先制に成功する。中盤でのボールカットから、本田のスルーパスに抜け出した原口が、左足で落ち着いてゴール右に流し込んだ。日本が1-0とリードする。

 しかし、日本は先制後、球際での厳しい守備を見せるものの、パス回しにリズムが生まれず、膠着した展開となる。
 
 15分以降、日本はやや全体を自陣寄りに下げて低い位置でブロックを構える。オーストラリアにややボール支配を 許す展開となっているが、堅実な守備で安定した試合運びを見せている。

 日本は28分、左サイドへの大きな展開から、先制点を決めた原口がカットインからのシュートを狙うが、ボールは枠をとらえきれなかった。その直後、再び原口が左サイドをえぐり、中央の本田へラストパス。しかし、本田のシュートはGKの好守に阻まれた。

 31分、日本はペナルティエリア手前でファウルを犯し、オーストラリアにFKを与えてしまう。しかし、ジェディナクのシュートはGK西川がパンチングで凌ぎ、事なきを得た。

 38分、日本は中盤でのパスカットから、本田が左サイドを駆け上がった原口にスルーパスを送るが、惜しくも通らない。日本はタイミングを図りつつ、相手の背後をカウンターで狙っていく。

 結局日本は、前半を1-0でリードして折り返した。

 日本は選手交代なく、後半をスタート。

 立ち上がり、日本は敵陣に押し込むものの、フィニッシュまで詰め切れない。すると、52分、反撃を受けた日本はペナルティエリア内で原口がファウルを犯してしまい、PKを献上。これをジェディナクに決められ、1-1の同点となった。

 日本はその後もオーストラリアに押し込まれる時間帯が続く。なんとかGK西川を中心に凌いでいくが、全体が下がり、ボールを奪った後に効果的に押し上げ反撃に移ることができない。

 そして69分、オーストラリアはユリッチに代えて切り札のケイヒルを投入する。

 日本は73分、カウンターから酒井高が右サイドを抜け出すと、折り返しのクロスに小林がドンピシャのタイミングで頭で合わせる。しかし、シュートは相手GKのファインセーブに阻まれ、ゴールはならなかった。

 81分、日本が最初の選手交代。小林に代えて清武を投入。さらに83分には本田に代わって浅野がピッチへ。

 84分、中盤でのパスカットから前線の原口に展開。原口がクロスを供給し、中央に浅野が走り込むもわずかに合わず。

 89分、清武のパスに反応し、浅野が相手最終ラインの裏を狙うがオフサイドに。アディショナルタイムには、運動量の落ちた原口に代えてDF丸山がピッチへ。丸山は5バック気味に左サイドに入る。
 
 清武が右サイドを抜け出してファーサイドへクロス。丸山がヘッドで折り返して中央の浅野に送るが、相手と競り合った浅野のファウルを取られる。

 終盤には、オーストラリアにCKのチャンスを与えるも、なんとかこれをクリア。直後にタイムアップの笛がなり、試合は1-1のドロー決着となった。


 

最終更新:10/11(火) 22:13

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。